Changes between Version 31 and Version 32 of Archetype FAQ


Ignore:
Timestamp:
Aug 7, 2007, 7:35:30 PM (12 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archetype FAQ

    v31 v32  
    178178 * CHIMEとUCLによって開発され,ロンドンのアークウェイにあるWhittington病院で作られた抗凝固EHRシステム。このシステムのアーキテクチャはSynapsesプロジェクトを基礎としており,CEN ENV 13606:2000の参照モデルと,前述した「レガシーアーキタイプ」によく似た「オブジェクトディクショナリ」構造を基本にしています。
    179179 * RACGP GPCG(General Practis Computing Group)により資金提供されたオーストラリアでのさまざまなGeHRプロジェクト。
    180  *
     180 * オーストラリアのブリスベーンでDSTCにより構築された!HealthConnectという糖尿病のケアを共有するEHRシステム。このシステムはopenEHRの参照モデルとADLを基礎としています。
     181 * デンマークのアーラス州で作られたSystematic Software Engineering SSE) EHRシステム。これは彼ら独自の参照モデルとアーキタイプ「言語」を使って構築された貴重なシステムです。アーキタイプエディタを使っており,システム内ではすべての情報がアーキタイプとして扱われます。openEHRのアーキタイプアプローチとはまったく独立して設計されたものです。しかし,openEHRとSSEに関連した仕事をしたこのなる人たちの間での議論では,ADLやほかの公式仕様を利用した可能性もあるということです。openEHRはSSEとそのシステムのユーザーからえた経験も役立てています。
    181182
    182183 * The anti-coagulation EHR system developed by CHIME, UCL, and in production at Whittington Hopsital, Archway, London. This system's architecture is based on the Synapses project, and uses a reference model based on CEN ENV 13606:2000, and an "Object Dictionary" of structures akin to the "legacy archetypes" described above.
    183184 * Various GeHR projects in Australia, funded by the RACGP GPCG (General Practice Computing Group).
    184  * The HealthConnect diabetic shared care EHR system being built in Brisbane, Australia by the DSTC. This is based on the openEHR reference model and ADL.
     185 * The !HealthConnect diabetic shared care EHR system being built in Brisbane, Australia by the DSTC. This is based on the openEHR reference model and ADL.
    185186 * The Systematic Software Engineering (SSE) EHR system in production in Aarhus County in Denmark. This is a significant system, built using its own reference model and archetype 'language'. It has an archetype editor, and all information in the system is archetyped. It was designed independently of the openEHR archetype approach; however, there have been discussions between people working on openEHR and SSE regarding potential use of ADL and other public specifications. openEHR is also likely to benefit from the experience gained by SSE and the system's users.
    186187