wiki:Archetype FAQ

アーキタイプとテンプレートに関するよくある質問

このページは、Archetypes and Templates FAQの翻訳です。正確な内容については原文を参照してください。

アーキタイプ(Archetype)って何ですか?

アーキタイプは再利用可能なドメインコンセプトの形式モデルです。形式のコンセプトはThomas Bealeの論文に詳細が記述されたものが元になっています。アコンピュータで利用するためにアーキタイプがアプローチしている重要な特徴は、情報モデルをドメインモデルから完全に分離していることです(ソフトウェアのオブジェクトモデルとデータベーススキーマのモデルのような感じです)。いくつかのソフトウェア工学の手法とは異なり,ドメインコンセプトは別の層のクラスモデルにより単純に表現されるのではなく、制約のある言語で記述されたドメインコンセプトによるライブラリで表現されます。

An archetype is a re-usable, formal model of a domain concept. The formal concept was originally described in detail in a paper by Thomas Beale. The key feature of the archetype approach to computing is a complete separation of information models (such as object models of software, models of database schemas) from domain models. Unlike some software engineering methods, the domain concepts are not simply represented by another layer of a class model, but by a library of domain concepts, authored in a constraint language.

アーキタイプにはいくつかの重要な目的があります。

Archetypes have a number of key purposes:

  • 臨床家といった特定のドメインの専門家に情報システムのデータ構造を規定するための諸定義を作成させることができること。
  • GUIやバッチ処理などによる実行時のデータ検証を提供することができること。
  • データに対する知的な問い合わせの基本となることができること。
  • they allow domain experts such as clinicians to create the definitions which will define the data structuring in their information systems
  • they provide runtime validation of data input via GUI or any batch process
  • they provide a basis for intelligent querying of data.

アーキタイプの原則に関する簡単な文書はここ(90k PDF)にあります。

A short document on archetype principles is here (90k PDF).

医療においてコンセプトは以下のようなものを含むアーキタイプによってモデル化することができます。

In health, concepts that can be modelled using archetypes include things like:

  • 体重測定
  • 血圧
  • 微生物学的検査結果
  • 退院サマリ
  • 処方箋
  • 診断
  • weight measurement
  • blood pressure
  • microbiology results
  • discharge referral
  • prescription
  • diagnosis

その他にも多数あります。ユーザーから見ると、医療情報システムで扱われているデータの種類です。アーキタイプはそれぞれADLの文法(ADL 1.3言語仕様ADL 2.0言語仕様を用いてテキストファイルに記述されてます。臨床に関するコンセプトは上記のようなもので,ADLで記述されたものはここにあります。オーストラリアで臨床的に記述されたアーキタイプ一式はここにあります。これらは多数の臨床の専門家を集めて,RACGPにより資金援助を受けたプロジェクトを進める間に作られたものです。

and many others. From the user's point of view, these are the kinds of data which occur in health information systems. Each archetype is authored as a text file, using the ADL syntax (ADL 1.3 language specification; ADL 2.0 language specification). Examples of clinical concepts like the above, authored in ADL can be found here. A clinically authored set of archetypes from Australia can be found here. These were created during an RACGP-funded project involving numerous clinical professionals.

既存のデータはどうなるの?

コミュニティが必要とするアーキタイプには2種類あります。

There are two kinds of archetypes the community needs:

  • 'デザインされた'アーキタイプ。これは臨床家が最初からデザインしたものです。オーストラリアには多数の例があり、ヨーロッパでもライブラリが充実しつつあります。この種のアーキタイプは「ドメインベースコンセプトモデル」(これに関するプレゼンテーション)と呼ばれるものが基礎となっています。複雑なようであるが、実際には「アーキタイプにより安全にベースとすることができるドメインにおける不変条件概念のUMLモデル」という意味です。今のところopenEHRコミュニティがこの仕事のほとんどをおこなっているため、現在ではこれはopenEHRの参照モデル(Reference Model)となっています。しかし将来的にはこのモデルは同じ目的のため他の人の手により採用され、いくつかの追加がなされたり、単純化されたりすることを期待しています。例えば,デンマークの医療審議会はG-EPJコンセプトをこのモデルで提案しようとしています。しかし、このモデルは肥大化することをまったく意図していないことに注意すべきです。openEHRの観察と評価モデルは全てのアーキタイプにとって観察や診断などの開発を行うのに適しています。我々はopenEHRのInstruction Entryサブタイプを再開発する予定であり、薬物療法や医学的介入やオーダーなどを表すアーキタイプの強力な基礎となるでしょう。
  • 'designed' archetypes, which clinicians design from scratch. There are many examples in Australia, and a growing library in Europe. These kind of archetypes are based on what we have called the "Domain Base Concept Model" (presentation about this). This sounds complicated, but in fact it just means "the UML model of invariant concepts in the domain, on which archetypes can be safely based". Currently this is the openEHR Reference Model, since it is the openEHR community doing most of this work at the moment. But in the future, we hope that this model will be adopted by others for this purpose, possibly with some additions, simplifications and so on. For example, the Danish Board of Health might want to propose some G-EPJ concepts should go in there. But note: this model is not meant to be large at all; our experience is that the openEHR model of Observation and Evaluation is about right for all archetypes so far developed as observations and diagnoses etc. We are redeveloping the Instruction Entry subtype in openEHR, which will provide a very powerful basis for archetypes for medication, interventions, orders etc.
  • 'レガシー'アーキタイプ。レガシーデータを元にデザインされたものであり、典型的にはフラットであり樹状構造をもつものもある存在論的なデザインには従っていません。病院のデータベースやHL7v2メッセージなどのデータがそうです。GENERIC_ENTRYタイプはopenEHRの参照モデルにレガシーアーキタイプを提供する基礎として加えらるでしょう(GENERIC_ENTRYタイプの技術仕様)。
  • 'legacy' archetypes. These are archetypes which are designed to mimic legacy data, which itself does not follow any ontologica design - typically is is flat, or else tree-like. This could be data from a hospital database, HL7v2 messages etc. The GENERIC_ENTRY type will be added to the openEHR Reference Model to provide a basis for legacy archetypes (technical specification of GENERIC_ENTRY type).

openEHRをもとにしたデータ処理では以下のようなことが可能となります:

Data processing in an openEHR-enabled context can now be done as follows:

  • 例えばRDBMSやHL7v2メッセージといった大本のデータから仲介のためのXMLやCSV形式にデータをエクスポートあるいはコンバートする
  • openEHRシステムにCEN 13606標準に準拠したアーキタイプを参照し、GENERIC_ENTRYのインスタンスとしてデータをインポートする
  • データを望み通りのアーキタイプを元にした形式や、OBSERVATION、ACTION、ECALUATION、INSTRUCTIONなどといったopenEHRのENTRYサブタイプにコンバートする。このコンバートは「アーキタイプインターフェース」を利用することに依存して実現するものです。つまり、アーキタイプのインターフェース定義によるものであって、その内部構造によるものではありません。
  • export or convert data from original source, e.g. RDBMS, HL7v2 messages to an intermediate XML or comma-separated value format
  • import this data into an openEHR system, as instances of GENERIC_ENTRY, according to archetypes based on 13606
  • convert the data to a form based on desired archetypes, and openEHR ENTRY subtypes, i.e. OBSERVATION, ACTION, EVALUATION, INSTRUCTION. This conversion can be done based on the use of "archetype interfaces", i.e. definitions of the interfaces of archetypes, regardless of their internal structures.

データはEN13606 Extractsの形式で簡単にシステムに入力することができ,EN13606 Extracsの形式で出力することもできます。これについて簡単に図示したプレゼンテーションがあります。

Data can also be easily accepted into such a system in the form of EN13606 Extracts, and output in the form of EN13606 Extracts. A simple presentation shows this graphically.

アーキタイプは用語体系を置き換えるの?

Do archetypes replace terminology?

すべてを置き換えられることはありません。アーキタイプは用語体系に関する系統的なインターフェースを提供するように設計されています。アーキタイプはそれ自体用語体系に中立でです。医療情報システムではありとあらゆる医学的視点が必要となるため,単一の用語体系やオントロジーで記述できません(おそらく今後もできないでしょう)。用語体系についての問題への議論については,ADL仕様(セクション:The Problem of Terminology)を参照してください。ADLは用語体系と関連付けて設計されており,一つ以上の用語体系と結合することができるようにアーキタイプが作られています。この関連付けはそこにある用語と用語体系コードへの制約性のあるコードや問い合わせ表現に,それぞれ対応するようマッピングされたものの集合です。例としてこのアーキタイプを参照してください(ontologyセクションまでスクロールしてください)。

Not at all. Archetypes are designed to provide systematic interface with terminologies. They are, in themselves, terminology-neutral, because there is no (and probably will never be) single terminology or ontology which describes the whole of medicine in the myriad points of view needed in clinical information systems. For a discussion of the problems with terminology, see the ADL specification (section: The Problem of Terminology). ADL is designed to have bindings to terminologies, and any given archetype can include bindings to more than one. A binding is the set of mappings from archetype local term and constraint codes to terminology codes and query expressions respectively. See this archetype for an example (scroll to the ontology section).

アーキタイプとオントロジーの違いは何?

What is the difference between archetypes and ontologies?

アーキタイプとオントロジーについて,何を基盤にして話がされているのかを理解するとわかりやすいでしょう。アーキタイプモデルは情報が基盤であり,オントロジーモデルは現実が基盤となります。例えば,「全身動脈血圧測定」に対応するアーキタイプは,この種の測定でどのような情報が収集されるべきかというモデルであって,通常は拡張期血圧と収縮期血圧に(任意で)患者の状態(体位,活動レベル)と医療機器やその他の手順について情報です。それに対して,オントロジーは血圧というものが何であるのかを詳細に記述するものです。アーキタイプに関するチュートリアル(PPT)ではスライド12に具体的な例が示されています。

An easy way to think about archetypes and ontologies is based on undertanding what they say. Archetypes model information, while ontologies model reality. For example an archetype for "systemic arterial blood pressure measurement" is a model of what information should be captured for this kind of measurement - usually systolic and diastolic pressure, plus (optionally) patient state (position, exersion level) and instrument or other protocol information. In contrast, an ontology would describe in more or less detail what blood pressure is. This archetype tutorial (PPT) provides a detailed example on slide 12.

哲学的世界観からすると「情報」は「現実」(そしてこれは世界を理解する厳密に正しい方法)の一部であり,アーキタイプはそれ自体がオントロジーを構築するものです。オントロジーの対象物もまた「情報」となるものです。そのほかの現在使われる傾向にある用語として「オントロジー」の対象物は(情報以外の)「現実」です。

If in your philosophical view of the world, "information" is part of "reality" (and this is the strictly correct way to understand the world), then archetypes themselves constitute an ontology, whose subject matter happens to be information. Other "ontologies", as one tends to use the word today, have as their subject matter "reality" (other than information).

ADLって何?

What is ADL?

アーキタイプ定義言語(Arvhetype Definition Language; ADL)はアーキタイプを表現するための形式言語であり,知識記述言語に分類することができます。情報モデル(例えば,UML/OCLのような表現)に基づきデータが記述される全てのドメインエンティティについて形式と抽象的な文法により記述を制約します。文法はFrame-Logic(Michael Kiferによる原著のPDF)による問い合わせと適合します。これは極めて汎用性の高い情報モデルがシステム内の全てのデータを表現するために利用される場合にもっとも有用です。例えば、患者、医師、病院の論理的概念が団体クラスや住所クラスなど関連する汎用クラスで表現されるようなものです。そして、アーキタイプは求められるドメインコンセプトを表現するための汎用クラスのインスタンスに正当な構造を持つように制約するために使われます。この方法で、陳腐化しにくい情報システムを構築することができます。比較的単純な情報モデルとデータベーススキーマを定義することができ、アーキタイプからソフトウェアの範囲を超えて特定のモデルを作ることができます。ADL 1.3の公式仕様こちら(640k PDF)にあります。ADL 2.0仕様はここにあります。

Archetype Definition Language, or ADL, is a formal language for expressing archetypes, and can be categorised as a knowledge description language. It provides a formal, abstract syntax for describing constraints on any domain entity whose data is described by an information model (e.g. expressed in UML/OCL). The syntax is congruent with Frame Logic (PDF of original paper by Michael Kifer) queries. It is primarily useful when very generic information models are used for representing all data in a system, for example, where the logical concepts Patient, Doctor and Hospital might all be represented using the class Party, Address, and related generic classes. Archetypes are then used to constrain the valid structures of instances of these generic classes to represent the desired domain concepts. In this way future-proof information systems can be built - relatively simple information models and database schemas can be defined, and archetypes supply the specific modelling, completely outside the software. The official specification of ADL 1.3 is available here (640k PDF). The ADL 2.0 specification is here.

どのようなADLやアーキタイプが既にあるのか教えてもらえますか?

How can I see what ADL archetypes already exist?

openEHRに関する知識のリポジトリはこのページで見ることができます。常に追加されていて、近いうちにデータベース化されるかもしれません。openEHRアーキタイプと同様に試験的にHL7 RIMやCEN GPICsをもとにしたアーキタイプもいくつかあります。オーストラリアで臨床的見地から作られたアーキタイプはここにあります。アーキタイプに関するマインドマップはここで見ることができます。

The openEHR knowledge repository can be viewed at this page. It is constantly being added to and will probably be databased in the near future. It contains a few test archetypes based on the HL7 RIM, CEN GPICs as well as openEHR archetypes. A clinically authored set of archetypes from Australia can be found here. An archetype mindmap is visible here.

ADLは標準なの?

Is ADL a Standard?

ADLはopenEHRの公開仕様です。ADLはCEN TC/251で採用され,ヨーロッパの標準化機関である Health Telematics Committee により EN13606 Electronic Health Record standard として改変され利用されています。アメリカの健康情報標準化組織HL7はテンプレート仕様としてADLを考えていたようですが,現在では彼ら独自の方向性で進んでいます(2005年早々に)。

ADL is an open specification of openEHR. ADL has been adopted by CEN TC/251, the European standards agency Health Telematics Committee for use in its revised EN 13606 Electronic Health Record standard. It was being considered by HL7, the US health information standards organisation as a basis for its templates specification, but they now seem to have gone their own way [early 2005].

著者がたくさんいてバージョンもいっぱいあって,あちこちに複製されていて問題はありませんか?

What about the problem of multiple authors, versions, replication....?

アーキタイプとテンプレートについての重要な図式を理解することが重要です。アーキタイプを実際に利用するには,共有することを許可して質を保つために大規模な組織であることが絶対的に必要となります。以下にアーキタイプが「大規模」で使われなければいけないかという一つのモデルを示します。

It is important to understand the big picture of archetypes and templates. For archetypes to really work, there does need to be some large scale organisation, in order to allow sharing and quality control. The following is one model of how archetypes should be used "in-the-large":

  1. 要求を特定する: 例えば「私たちは退院サマリでケアプランを記述するためにアーキタイプが必要」
  2. 同じ目的のアーキタイプがあるかどうか探す: アーキタイプライブラリにログオンしてそこで問い合わせてみましょう。すでに存在しているアーキタイプガあるかどうか,目的に合ったアーキタイプや使うことができるものがあるかどうか探してみます。
  3. もし,新しいアーキタイプを作成する必要があれば,デザインについて考えたり問題点について議論する(どうかすると国際的な)専門家集団を集めることになるでしょう。
  4. 実際にアーキタイプを作成するには,アーキタイプを相互利用可能な形式(たとえばADL)で保存できるエディタが必要になります。
  5. アーキタイプの草案が共有しようと思えるようなレベルに達したら,アーキタイプライブラリにアップロードすることになります。
  6. そのアーキタイプについては文書管理システムのようにバージョン管理や監修が行われることによって変更されるでしょう。
  7. あなたの組織はアーキタイプをいくつかの点で検定をすることができる(たとえば,品質保証)ということを提示することになります。
  8. アーキタイプが使用してよいという保証を受けると,アーキタイプサーバにオンラインで登録され,アーキタイプが利用できるシステムで動かすことができるようになります。
  9. EHRのようなアーキタイプを使うシステムはローカルのアーキタイプサーバから必要なあーきタイプを取り出して,そこで有効な形式にコンバートすることになります。
  10. 動作時には,アーキタイプを利用してローカルで定義されたテンプレートによりデータの構造化や検証を行うような作業の中心的な役割を果たすことになります。
  1. identify the need: e.g. "we need an archetype to describe the care plan in a discharge summary"
  2. determine if there are already archetypes for this purpose: logon to an archetype library and interrogate it. Study the archetypes which already exist and determine if they can be used, or else specialised for your purpose
  3. if you need to build a new archetype, you will most likely have professional colleagues (perhaps international) with whom you should discuss the problem and consider the design
  4. to actually create an archetype will require an editor; archetypes will be saved in an interoperable format, e.g. ADL
  5. when a draft archetype has reached a point where you want to share it, you will upload it to the archetype library
  6. changes to the archetype will occur with version control and audit trailing, just like in document authoring systems
  7. at some point, your organisation will propose the archetype to a body capable of doing certification - i.e. quality assurance
  8. archetypes certified for use can be injected into an online network of archetype servers, making them available to archetype-enabled systems
  9. systems using archetypes, such as EHRs will retrieve the archetypes they need from a local archetype server, and may well convert them to a locally efficient form
  10. at runtime, locally defined templates will cause archetypes to be invoked and put into action, performing their main job, i.e. data structuring and validation.

このように,アーキタイプを編集して病院情報システムに組み込むことは単純なことではありません。「アーキタイプシステム」の特徴について記述した文書の草稿はここにあります。

As can be seen, it is not simply a matter of editing an archetype and putting it into your hospital information system! A draft document describing some features of an "archetype system" with the above features is available here.

新しいアーキタイプを開発するにはどうしたらいいの?

How do I develop a new archetype?

openEHRの参照パーサを含む臨床家のためのユーザーフレンドリなツールがあり,現在テスト中です。もし,それが冒険と感じるのなら,新しいアーキタイプを普通のテキストエディタで手入力して,ここで入手できるADL参照パーサを使ったワークベンチツールを利用してチェックすることもできます。(gvimのADLモードはここ1にあります。

There is a user-friendly clinician's tool for doing this being tested now, which contains the openEHR ADL reference parser. If you are feeling adventurous, you can write a new archetype by hand using a normal text editor and checking it using the ADL reference parser workbench tool, available here (there is an ADL mode for gvim available here).

アーキタイプを処理するソフトウェアを開発するにはどうしたらいいの?

How do I develop Software which Processes Archetypes?

アーキタイプオブジェクトモデルを使うと,ソフトウェアの基盤として利用できるアーキタイプによるオブジェクトモデルをもとに標準化することができます。ほとんどの場合,すでに様々な言語で培われた実績を利用することになります。実装プロジェクト(implementation project)のページを参照してください。(本家のホームページから"projects"ボタンを押す)。

The Archetype Object Model provides a standardised object model of archetypes which can be used as the basis of software. Most likely you will want to capitalise on the work already done in various languages. See the implementation project pages (home page, then "projects" button).

他にアーキタイプのようなアプローチは今までありましたか?

Who else has used an archetype-like approach'?

間違いなく過去にはアーキタイプによく似たものが使われたシステムがありました。アーキタイプの論文に書かれているような形式原理や形式において同等なものが使われたシステムは以下のとおりです。

Undoubtedly there are systems which have used something similar to archetypes in the past. Systems which use the formal principles described in the archetype paper or a formal equivalent include:

  • CHIMEとUCLによって開発され,ロンドンのアークウェイにあるWhittington病院で作られた抗凝固EHRシステム。このシステムのアーキテクチャはSynapsesプロジェクトを基礎としており,CEN ENV 13606:2000の参照モデルと,前述した「レガシーアーキタイプ」によく似た「オブジェクトディクショナリ」構造を基本にしています。
  • RACGP GPCG(General Practis Computing Group)により資金提供されたオーストラリアでのさまざまなGeHRプロジェクト
  • オーストラリアのブリスベーンでDSTCにより構築された!HealthConnectという糖尿病のケアを共有するEHRシステム。このシステムはopenEHRの参照モデルとADLを基礎としています。
  • デンマークのアーラス州で作られたSystematic Software Engineering SSE) EHRシステム。これは彼ら独自の参照モデルとアーキタイプ「言語」を使って構築された貴重なシステムです。アーキタイプエディタを使っており,システム内ではすべての情報がアーキタイプとして扱われます。openEHRのアーキタイプアプローチとはまったく独立して設計されたものです。しかし,openEHRとSSEに関連した仕事をしたこのなる人たちの間での議論では,ADLやほかの公式仕様を利用した可能性もあるということです。openEHRはSSEとそのシステムのユーザーからえた経験も役立てています。
  • The anti-coagulation EHR system developed by CHIME, UCL, and in production at Whittington Hopsital, Archway, London. This system's architecture is based on the Synapses project, and uses a reference model based on CEN ENV 13606:2000, and an "Object Dictionary" of structures akin to the "legacy archetypes" described above.
  • Various GeHR projects in Australia, funded by the RACGP GPCG (General Practice Computing Group).
  • The HealthConnect diabetic shared care EHR system being built in Brisbane, Australia by the DSTC. This is based on the openEHR reference model and ADL.
  • The Systematic Software Engineering (SSE) EHR system in production in Aarhus County in Denmark. This is a significant system, built using its own reference model and archetype 'language'. It has an archetype editor, and all information in the system is archetyped. It was designed independently of the openEHR archetype approach; however, there have been discussions between people working on openEHR and SSE regarding potential use of ADL and other public specifications. openEHR is also likely to benefit from the experience gained by SSE and the system's users.

openEHRの「アーキタイプ」アプローチを利用している人はいるの?

Who is using the openEHR 'archetype' approach'?

以下のような世界中のさまざまなプロジェクトで臨床モデリングのためにアーキタイプが利用されています。

Various projects around the world now use archetypes for clinical modelling, including:

  • RACGP GPCGにより資金提供されたオーストラリアアーキタイププロジェクト(2005)。アーキタイプについてはここを参照してください。
  • openEHRプロジェクトのページにあるほとんどのプロジェクト
  • The Australian Archetypes project (2005), funded by the RACGP GPCG. See here for archetypes.
  • Most projects on the openEHR projects page.

テンプレートって何?

What is a template?

openEHRでは,テンプレートはローカルで生成される制約の仕様です。その仕様によりどのアーキタイプが画面上のフォームやメッセージ仕様に合致するのかを特定することができます。テンプレートには以下のようなことが記載されています

In openEHR, a "template" is a locally produced constraint specification which specifies which archetypes go together in a screen form or message specification. A template states the following kinds of things:

  • どのアーキタイプがコンポジションと「つながって(chained)」いるのか
  • 使われる文脈で不必要なアーキタイプのオプション部分を削除する
  • アーキタイプで利用できる言語や用語系の中から選択する
  • 既にアーキタイプにある制約よりも強く制約する
  • which archetypes are "chained" together in the composition
  • removes optional parts of archetypes not needed in the context of use
  • selects the language and terminologies to be used from among those available in the archetypes
  • further constrains existing constraints in the archetypes.

テンプレートはADLによるdADL文法で表現されます。openEHRでテンプレートを操作するツールが開発中です。

Templates are expressed in the dADL syntax from ADL. Tools are being developed by openEHR to manipulate templates.

アーキタイプとHL7 v3の関係は?

How do archetypes relate to HL7 v3?

HL7はHL7の用語で言うアーキタイプに相当するテンプレートに関するSIG(Special Interest Group)です。最近ではHL7もopenEHRで定義されたようなテンプレートやアーキタイプと差がなくなっています。HL7が主に必要としているのはRIMを基礎としたオブジェクトをテンプレート化する手法です。おそらく,MIFと呼ばれるものを使ってHL7のモデルを表現するHL7特有の形式を設計しています。

HL7 has a special interest group (SIG) for templates, which is the HL7 word for archetype (approximately). Currently HL7 does not differentiate between the notions of archetype and template as defined in openEHR. HL7's main need appears to be for a templating method for RIM-based objects; apparently it will use something called MIF, an HL7-specific formalism designed to represent HL7 models.

事実として,ADLによるアーキタイプはUMLモデルに対応して記述することができます。そして,アーキタイプはHL7v3のRIM(参照情報モデル; Refference Information Model)にそのまま対応して書くこともできますし,CDA仕様(XMLスキーマによるUML表現を使ったもの)にも対応することができます。これは,ballot5でのHL7v3 Lav Obs RMIMをADLアーキタイプにしたものです。(生のADLはこちら)HL7はこの路線に沿って行わないことを選択しました。

In fact, ADL archetypes can be written against any UML model, and it would be possible to write archetypes directly against the HL7v3 RIM (Reference Information Model), and also the CDA specification (using a UML expression derived from its XML-schema). This is the HL7v3 Lab Obs RMIM from ballot 5 as an ADL archetype (raw ADL form here). HL7 has chosen not to follow this path.

アーキタイプとCEN prEN 13606との関係は?

How do archetypes relate to CEN prEN 13606?

CEN TC/251はopenEHRのアーキタイプモデルとアーキタイプを表現する手段としてADLを採用しました。CEN 13606(改訂版)EHR EXTRACTとして送信されたEHRデータを結合するために使うのが目的です。この仕様は改訂版EN13606パート2に垣間見ることができます。EN13606パート1モデルをもとに,前述のレガシーアーキタイプと呼ばれるカテゴリーに分類にされるアーキタイプを直接作成することもできます。

CEN TC/251 has adopted the openEHR archetype model and ADL as the means of expressing archetypes to be used in conjunction with EHR data sent as CEN EN13606 (revised) EHR Extracts; these specifications are snapshotted in the revised EN13606 part 2. Archetypes created directly based on the EN13606 part 1 model fall into the category of legacy archetypes as defined above.

アーキタイプとテンプレートに関する文献

Papers about archetypes and templates

アーキタイプに関する様々な文献を読むことができます。

There are various papers about archetypes available:

  • アーキタイプに関する新しい文献: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. Thomas Beale, 2002, prepared for OOPSLA 2002 - Haim Kilov's workshop on Behavioural Semantics ( PDF 171kb, 17pp)
  • 原著 - Archetypes - An Interoperable Knowledge Methodology for Future-proof Information Systems.Thomas Beale 2000. (PDF 700 kb, 80pp)
  • アーキタイプとテンプレートを比較した論文: Templates and Archetypes: how do we know what we are talking about? Sam Heard et al. February 2003. (PDF 94KB)
  • 標準化に関する論文: A Shared Archetype Language: A Position Paper for HL7, CEN TC 251, openEHR and other organisations. Thomas Beale, Sam Heard. Jan 2003 ( Word 155KB)
  • A new paper on archetypes - Archetypes: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. Thomas Beale, 2002, prepared for OOPSLA 2002 - Haim Kilov's workshop on Behavioural Semantics ( PDF 171kb, 17pp)
  • The original paper - Archetypes - An Interoperable Knowledge Methodology for Future-proof Information Systems.Thomas Beale 2000. (PDF 700 kb, 80pp)
  • A paper comparing Archetypes and Templates: Templates and Archetypes: how do we know what we are talking about? Sam Heard et al. February 2003. (PDF 94KB)
  • A paper for standardisation: A Shared Archetype Language: A Position Paper for HL7, CEN TC 251, openEHR and other organisations. Thomas Beale, Sam Heard. Jan 2003 ( Word 155KB)


  1. 1. リンク切れ

Last modified 11 years ago Last modified on Aug 7, 2007, 10:32:12 PM