Changes between Version 14 and Version 15 of openEHR Primer


Ignore:
Timestamp:
Apr 7, 2009, 6:27:58 PM (13 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • openEHR Primer

    v14 v15  
    3131[[Image(fig1.png)]]
    3232
    33 [http://trac.openehr.jp/attachment/wiki/openEHR%20Primer/landscape_diag-1.png ここをクリックすると拡大図を表示します。]
     33[http://trac.openehr.jp/attachment/wiki/openEHR%20Primer/landscape_diag-1.png ここをクリックすると拡大図を表示。]
    3434
    35 健康情報をコンピュータで分散処理する環境という概念はopenEHRの理念の大きな鍵となるものである。健康情報をコンピュータ処理する環境はモジュール化されていて,安全なものでありWebで利用できることが求められている。ここに無理なく配備することができる情報サービスの全容を模式化した[http://www.openehr.org/getting_started/landscape_diag-1.png 図]がある。現在openEHRが考えている健康情報の分散環境の大部分は,OMG Corbamed taskforceの優れた業績や,Distributed Healthcare Environment(DHE)がEUの資金援を受けてヨーロッパで行われた[http://www.newcastle.research.ec.org/esp-syn/text/2221.html RICHE]や[http://www.newcastle.research.ec.org/esp-syn/text/7508.html EDITH],[http://www.ehto.org/ht_projects/initial_project_description/hansa.html HANSA],[http://picnic.euspirit.org/ PICNIC]といった実装プロジェクトが元になっている。
     35健康情報をコンピュータで分散処理する環境という概念はopenEHRの理念の大きな鍵となるものである。健康情報をコンピュータ処理する環境はモジュール化されていて,安全なものでありWebで利用できることが求められている。ここに無理なく配備することができる情報サービスの全容を模式化した[http://www.openehr.org/getting_started/landscape_diag-1.png 図]がある。現在openEHRが考えている健康情報の分散環境の大部分は,OMG Corbamed taskforceの優れた業績や,Distributed Healthcare Environment(DHE)がEUの資金援を受けてヨーロッパで行われた[http://www.newcastle.research.ec.org/esp-syn/text/2221.html RICHE]や[http://www.newcastle.research.ec.org/esp-syn/text/7508.html EDITH],[http://www.ehto.org/ht_projects/initial_project_description/hansa.html HANSA],[http://picnic.euspirit.org/ PICNIC]といった実装プロジェクトが元になっている。
    3636
    3737== モデル,データ,用語 ==
    3838健康情報システムは情報モデルを定義し,データベースやアプリケーションにそれを実装して臨床用語を付け加えることで構築される。しかしながら,生涯にわたって診療情報を共有される健康情報システムを陳腐化しないように構築するには,他にも要件がある。まず、求められる要件について適切なモデリングがなされなければならない。openEHRがベースとする要件は以下のものが含まれている。
    3939
    40  * GEHRプロジェクトの要件
    41  * オーストラリアGEHRプロジェクトのために書かれたEHRに関する技術的要件
    42  * Dr Dipak Kalraの博士論文で記述された数年に渡るヨーロッパでのGEHR開発での要件
     40 * [http://www.chime.ucl.ac.uk/work-areas/ehrs/GEHR/Deliverables.htm GEHRプロジェクト]の要件
     41 * [オーストラリアGEHRプロジェクトのために書かれた[http://www.openehr.org/downloads/usage/gehr_australia/gehr_requirements.pdf EHRに関する技術的要件]
     42 * Dr Dipak Kalraの博士論文で報告されてから数年に渡るヨーロッパでのGEHR開発での要件
    4343 * Electronic Health Record Architecutureに関するISO 18308の要件
    4444
    45 openEHRの情報モデルはこれらの要求について何年もの間調査し、その実装について開発してきたものを基盤としており,これらのモデルはアーキタイプを主要な要素とする"two-lebel modelling"アプローチをもとに開発されてきたモデルでもある(archetypes FAQ)。
     45openEHRの'''情報モデル'''はこれらの要求について何年もの間調査し、その実装について開発してきたものを基盤としており,[http://www.openehr.org/svn/specification/TAGS/Release-1.0.2/publishing/roadmap.html 仕様]は公開されている。これらのモデルはアーキタイプを主要な要素とする"two-lebel modelling"アプローチをもとに開発されてきたモデルでもある([wiki:"Archetype FAQ" archetypes FAQ])。
    4646
    47 アーキタイプやテンプレートといった技術を用いてopenEHRで使われる用語は(例えば「血圧測定」、「理学所見」、「生化学検査結果」といったようなもの)ドメインモデルを適応して専門用語を尊重し、中立的に定義されており、必要に応じて複数の用語とモデルを関連付けることもできる。
     47'''ターミノロジー'''はアーキタイプやテンプレートといった技術を仲介して用いられる。これによりドメイン特有のモデル(例えば「血圧測定」、「理学所見」、「生化学検査結果」といったようなもの)をターミノロジーに中立的に定義することができ、必要に応じて複数のターミノロジーとモデルを関連付けることもできる。
    4848
    49 EHRは少数の用語をそのモデルを利用するために開発を進めている(openEHR用語,XMLで扱うことができるものはこちらを参照。)
     49EHRは少数の用語をそのモデルを利用するために開発を進めている(openEHRターミノロジーは[http://www.openehr.org/svn/specification/TAGS/Release-1.0.1/publishing/its/XML-schema/index.html こちら]を参照。)
    5050
    5151== openEHRのアプローチ ==