Changes between Version 20 and Version 21 of Ruby reference implementation


Ignore:
Timestamp:
May 5, 2008, 4:56:32 PM (13 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Ruby reference implementation

    v20 v21  
    22= Ruby reference implementation project =
    33[[TOC]]
     4
    45== このプロジェクトの目的 ==
    5 
    66Rubyは強力なオブジェクト指向スクリプト言語です。Rubyを使ってopenEHRにおける[http://www.rubyonrails.org/ Ruby on rails]のような生産性の高い開発環境を構築して,プログラマの負担を軽減させることを目標とします。
    77
     
    1010
    1111== 現在の状況 ==
    12 現在はopenEHR.jpのサーバに設けた[http://www.openehr.jp/browser/ruby リポジトリ]で開発を積み上げています。RubyによるADLパーサの試験的実装が行われており,17のADLファイルをパースできております。リポジトリからプロジェクトをチェックアウトするには以下のようにしてください。commitするには本ページに会員登録することが必要となります。
    13  svn co !http://openehr.jp/svn/ruby/
     122008年5月5日にexperimental previewとしてVersion 0.0.1![30] をリリースし,gemパッケージを作成しました.
    1413
     14現在はopenEHR.jpのサーバに設けた[http://www.openehr.jp/browser/ruby リポジトリ]で開発を積み上げています。RubyによるADLパーサの試験的実装とArchetype object modelやReference object modelの実装が行われています。現在は27のADLファイルをパースし,Archtypeインスタンスを生成できております。リポジトリからプロジェクトをチェックアウトするには以下のようにしてください。commitするには本ページに会員登録することが必要となります。
     15
     16  svn co !http://openehr.jp/svn/ruby/
    1517== Current Status ==
    16 We are mainly working on openEHR.jp [http://www.openehr.jp/browser/ruby repository]. A rudimentary implementation of Ruby ADL parser is succeeded in 17 ADL files so far. We are now going to implement openEHR models. How to check out the project from the repository is shown as bellow:
    17 Your account registration is required before commitment to the repository.
    18  svn co !http://openehr.jp/svn/ruby/
     18We released version 0.0.1![30] as experimental preview and gem package.[[BR]][[BR]]We are mainly working on openEHR.jp [http://www.openehr.jp/browser/ruby repository]. A rudimentary implementation of Ruby ADL parser is succeeded in 27 ADL files so far and generate archetype instances. We are now going to implement openEHR models. How to check out the project from the repository is shown as bellow:  Your account registration is required before commitment to the repository.
    1919
     20  svn co !http://openehr.jp/svn/ruby/
    2021== Ruby言語について ==
    2122Rubyに関する本やドキュメントはたくさんありますが,Rubyサイトのチュートリアルがまとまっていていいでしょう。
    22  * http://www.ruby-lang.org/ja/
    23  * http://www.ruby-lang.org/ja/documentation/
     23
     24 * [http://www.ruby-lang.org/ja/ http://www.ruby-lang.org/ja/]
     25 * [http://www.ruby-lang.org/ja/documentation/ http://www.ruby-lang.org/ja/documentation/]
    2426
    2527== About Ruby language ==
    2628You can find many documents about Ruby on web sites and books. The tutorial and FAQs are recommended.
    27  * http://www.ruby-lang.org/en/
    28  * http://www.ruby-lang.org/en/documentation/
     29
     30 * [http://www.ruby-lang.org/en/ http://www.ruby-lang.org/en/]
     31 * [http://www.ruby-lang.org/en/documentation/ http://www.ruby-lang.org/en/documentation/]
    2932
    3033== コーディング規約 ==
    3134 * 方針
    32   * 書き換えるのに遠慮しないでください。誰が書いたコードかなんかも気にしないでください。人生と違ってsubversionはいくらでも巻き戻しが効きます。
    33   * テストしてから考えよう。コミットしてから考えよう。
    34   * ドキュメントを整備しようとか、キレイなコードを書こうとか欲張る前にcommitしよう。
     35   * 書き換えるのに遠慮しないでください。誰が書いたコードかなんかも気にしないでください。人生と違ってsubversionはいくらでも巻き戻しが効きます。
     36   * テストしてから考えよう。コミットしてから考えよう。
     37   * ドキュメントを整備しようとか、キレイなコードを書こうとか欲張る前にcommitしよう。
    3538 * クラスライブラリの命名方法
    36   * できるだけわかりやすいように、UMLをベースにパッケージ名とモジュール名を対応させる。
    37   * モジュール名はRubyの文法にしたがい大文字から初め、空白は _ でつなぐ。
     39   * できるだけわかりやすいように、UMLをベースにパッケージ名とモジュール名を対応させる。
     40   * モジュール名はRubyの文法にしたがい大文字から初め、空白は _ でつなぐ。
    3841
    3942== Coding guideline ==
    4043 * Policy
    41   * Do not hesitate to change source codes. Do not consider who wrote the codes. Subversion repository can be rolled back anytime unlike a human life.
    42   * Think after test. Think after commit.
    43   * Commit first. Prepare detailed document and brush up to elegant codes later.
     44   * Do not hesitate to change source codes. Do not consider who wrote the codes. Subversion repository can be rolled back anytime unlike a human life.
     45   * Think after test. Think after commit.
     46   * Commit first. Prepare detailed document and brush up to elegant codes later.