Changes between Version 3 and Version 4 of Archtectural Overview Versioning


Ignore:
Timestamp:
Oct 24, 2007, 11:06:04 AM (14 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Versioning

    v3 v4  
    558.1 Overview
    66
    7 更新管理はopenEHRアーキテクチャでは欠くことのできない部分である。EHRに対するopenEHRのポジトリやデモグラフィック情報は更新を制御するために集められた「バージョンコンテナ」(comon.change_controlパッケージのVERSION_OBJECT<T>クラスによりモデル化されている。)として管理される。それぞれが最上位のコンテンツ構造(CompositionやPartyといったもの)のバージョン情報を変更がなされる度に持っている。バージョン管理された最上位のコンテンツ構造を図23に示す。
     7更新管理はopenEHRアーキテクチャでは欠くことのできない部分である。EHRに対するopenEHRのポジトリやデモグラフィック情報は更新を制御するために集められた「バージョンコンテナ」(comon.change_controlパッケージのVERSION_OBJECT<T>クラスによりモデル化されている。)として管理される。それぞれが最上位のコンテンツ構造(CompositionやPartyといったもの)のバージョン情報を変更がなされる度に持っている。バージョン管理された最上位のコンテンツ構造を図23に示す。
    88
    99Version control is an integral part of the openEHR architecture. An openEHR repository for EHR or demographic information is managed as a change-controlled collection of "version containers" (modelled by the VERSIONED_OBJECT<T> class in the common.change_control package), each containing the versions of a top-level content structure (such as a Composition or Party) as it changes over time. A version-controlled top-level content structure is visualised in FIGURE 23.
     10
     11[[Image(versioninga.gif)]]
     12
     13最上位構造のバージョニングは必要であるが,一貫性,追跡可能性,永続性,巻き戻しやデータの過去の状態を法定で検証できることを支援するといったリポジトリが備えていなくてはならない要件を満たしてはいない。
    1014
    1115Versioning of single top-level structures is a necessary, but not sufficient requirement for a repository that must provide coherence, traceability, indelibility, rollback, and support for forensic examination of past states of the data. Features supporting "change control" are also required. Under a disciplined change control scheme, changes are not made arbitrarily to single top-level structures, but to the repository itself. Changes take the form of change-sets, called "Contributions", that consist of new or changed versions of the controlled items in the repository. The key feature of a change-set is that it acts like a transaction, and takes the repository from one consistent state to another, whereas arbitrary combinations of changes to single controlled items could easily be inconsistent, and even dangerously wrong where clinical data are concerned.