Changes between Version 2 and Version 3 of Archtectural Overview Versioning


Ignore:
Timestamp:
Oct 24, 2007, 10:39:46 AM (14 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Versioning

    v2 v3  
    1 = 8 更新管理 =
     1= 8 バージョニング =
    228 Versioning
    33[[TOC]]
     
    558.1 Overview
    66
    7 更新管理はopenEHRアーキテクチャでは欠くことのできない部分である。
     7更新管理はopenEHRアーキテクチャでは欠くことのできない部分である。EHRに対するopenEHRのレポジトリやデモグラフィック情報は更新を制御するために集められた「バージョンコンテナ」(comon.change_controlパッケージのVERSION_OBJECT<T>クラスによりモデル化されている。)として管理される。それぞれが最上位のコンテンツ構造(CompositionやPartyといったもの)のバージョン情報を変更がなされる度に持っている。バージョン管理された最上位のコンテンツ構造を図23に示す。
    88
    99Version control is an integral part of the openEHR architecture. An openEHR repository for EHR or demographic information is managed as a change-controlled collection of "version containers" (modelled by the VERSIONED_OBJECT<T> class in the common.change_control package), each containing the versions of a top-level content structure (such as a Composition or Party) as it changes over time. A version-controlled top-level content structure is visualised in FIGURE 23.
     
    6666For the purposes of openEHR, a Contribution is considered as being the set of Versions created or attested at one time, as implied by FIGURE 26.
    6767
    68 === 8.3.1 偏光を管理されたリポジトリの汎用モデル ===
     68=== 8.3.1 更新管理されたリポジトリの汎用モデル ===
    69698.3.1 General Model of a Change-controlled Repository
    7070