Changes between Version 11 and Version 12 of Archtectural Overview Versioning


Ignore:
Timestamp:
Oct 24, 2007, 10:29:43 PM (14 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Versioning

    v11 v12  
    4242    * other environmental information which may be relevant to correctly interpreting the primary versioned items, e.g. versions of tools used to create them.
    4343
    44 ソフトウェアや文書のリポジトリでは,構成アイテムはファイルシステムのディレクトリに配置したファイルとなる。構成アイテムとは、openEHRを基盤としたEHRでは、Compositionであり、オプションでFolder構造を持ち,デモグラフィックサービスなどではPartyである。Contributionはユーザーによってリポジトリに作られる。この一般的な抽象概念を[ 図24]に示す。
     44ソフトウェアや文書のリポジトリでは,構成アイテムはファイルシステムのディレクトリに配置したファイルとなる。構成アイテムとは、openEHRを基盤としたEHRでは、Compositionであり、オプションでFolder構造を持ち,デモグラフィックサービスなどではPartyである。Contributionはユーザーによってリポジトリに作られる。この一般的な抽象概念を[http://www.openehr.jp/attachment/wiki/Archtectural%20Overview%20Versioning/versioning2.gif 図24]に示す。
    4545
    4646In a software or document repository, the CIs are files arranged in the directories of the file system; in an EHR based on openEHR, they are Compositions, the optional Folder structure, Parties in the demographic service and so on. Contributions are made to the repository by users. This general abstraction is visualised in FIGURE 24.
     
    51518.2.2 Change Management
    5252
     53変更は構成アイテム単独で起こらず,リポジトリ全体に起こる。以下のような変更が起こりうる。
     54
    5355Change doesn't occur to Configuration Items in isolation, but to the repository as a whole. Possible types of change include:
     56
     57 * 新しい構成アイテムの作成
     58 * 構成アイテムの削除
     59 * 構成アイテムの変更
     60 * ディレクトリ構造の部分削除や変更、作成
     61 * ディレクトリ構造の別の場所に構成情報を移動
     62 * 既存の構成アイテムの証明
    5463
    5564    * creation of a new CI;
     
    5867    * creation of, change to or deletion of part of the directory structure;
    5968    * moving of a CI to another location in the directory structure;
    60     * attestation of an existing CI.
     69    * attestation of an existing CI.
     70
     71構成管理の目的は以下について確実に行うことである
    6172
    6273The goal of configuration management is to ensure the following:
     74
     75 * リポジトリが常に整合性のある状態であること
     76 * リポジトリを以前のどの状態にでも再構成できること
     77 * 全ての変更が監査証跡されていること
    6378
    6479    * the repository is always in a valid state;