Changes between Version 11 and Version 12 of Archtectural Overview Package


Ignore:
Timestamp:
Sep 11, 2007, 6:28:09 PM (14 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Package

    v11 v12  
    9494Common Information Model
    9595
    96 いくつかの概念は高次パッケージにも再び現われる。LOCATABLEやARCHETYPEDクラスは情報とアーキタイプモデルの間をつなぐ働きがある。ATTESTATIONとPARTICIPATIONクラスは参照モデルのあちこちに出てくる汎用ドメインコンセプトである。
     96いくつかの概念は高次パッケージにも再び現われる。LOCATABLEやARCHETYPEDクラスは情報とアーキタイプモデルの間をつなぐ働きがある。ATTESTATIONとPARTICIPATIONクラスは参照モデルのあちこちに出てくる汎用ドメインコンセプトである。特に人口動態やEHRサービスで、change_controlパッケージは情報が以前どういう状態であったのかを示すことができるような更新管理について形式モデルを定義している。openEHRの更新管理の重要なセマンティクスについては[wiki:"Archtectural Overview Versioning" 45ページの第8章]に書かれている。
    9797
    9898Several concepts recur in higher level packages. The classes LOCATABLE and ARCHETYPED provide the link between information and archetype models. The classes ATTESTATION and PARTICIPATION are generic domain concepts that appear in various reference models. The change_control package defines a formal model of change management and versioning which applies to any service that needs to be able to supply previous states of its information, in particular the demographic and EHR services. The key semantics of versioning in openEHR are described in section 8 on page 45.
     
    102102Security Information Model
    103103
     104セキュリティ情報モデルはEHRにおけるプライバシー条件やアクセス管理についてのセマンティクスを定義している。
     105
    104106The Security Information Model defines the semantics of access control and privacy setting for information in the EHR.
     107
     108==== EHR情報モデル ====
     109
    105110EHR Information Model
     111
     112EHR情報モデルはEHR、COMPOSITION、SECTIONとENTRYの概念における文脈上のセマンティクスと制約について定義している。これらのクラスは主要な粗粒度のEHRコンポーネントであり、CEN EN13606:2005の同じ名前のクラスと直接対応している。ここでいう「段階(level)」はHL7(CDA) 2.0で同じ名前で扱われるものと非常に近い意味である。
    106113
    107114The EHR IM defines the containment and context semantics of the concepts EHR, COMPOSITION, SECTION, and ENTRY. These classes are the major coarse-grained components of the EHR, and correspond directly to the classes of the same names in CEN EN13606:2005 and fairly closely to the "levels" of the same names in the HL7 Clinical Document Architecture (CDA) release 2.0.
     
    110117EHR Extract Information Model
    111118
     119EHR Extract情報モデルはEHR ExtractがCOMPOSITIONや人口動態、EHRからのアクセス管理情報によりどうこう地区されルカに付いて定義している。数多くのExtractのバリエーションがサポートされていて、統合のためにCEN EN13606を使って単純な形式にした"full openEHR"や、openEHR/openEHR同期Extractもサポートされている。
     120
    112121The EHR Extract IM defines how an EHR extract is built from COMPOSITIONs, demographic, and access control information from the EHR. A number of Extract variations are supported, including "full openEHR", a simplified form for integration with CEN EN13606, and an openEHR/openEHR synchronisation Extract.
    113122
     
    117126
    118127The Integration model defines the class GENERIC_ENTRY, a subtype of ENTRY used to represent free-form legacy or external data as a tree. This Entry type has its own archetypes, known as "integration archetypes", which can be used in concert with clinical archetypes as the basis for a tool-based data integration system. See section 14 on page 79 for more details.
     128
     129
    119130Demographics Information Model
    120131