Changes between Version 2 and Version 3 of Archtectural Overview Implementation


Ignore:
Timestamp:
Sep 28, 2007, 4:44:29 PM (14 years ago)
Author:
haru
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Implementation

    v2 v3  
     116 実装技術仕様
     2
    1316 Implementation Technology Specifications
     4
     516.1 概要
     6
    2716.1 Overview
     8
     9実装技術仕様(ITS)は、抽象モデルの"最強度の"セマンティクスから、特定技術における同等物への変換ルールに関するアプリケーションによって生成される。 変換ルールには通常以下のマッピングが含まれる。
     10·       クラス名と属性
     11·       プロパティと関数のシグネチャのマッピング
     12·       文字列や数値といった基本型のマッピング
     13·       多重継承の処理方法
     14·       ジェネリック(テンプレート)型の処理方法
     15·       共変(covariant)及び反変(contravariant)の再定義のセマンティクスの処理方法
     16·       シグネチャxxxx:T を持つプロパティ(すなわちargumentsを持たないプロパティ)の、ストアされた属性(xxxx:T)または関数 (xxxx():T)へのマッピングの選択
     17·       事前条件(pre-condition)、事後条件(post-condition)及びクラス不変条件(invariant)の表現方法
     18·       List<>, Set<> 等のassumed型とinbuilt型のマッピング
    319
    420ITSs are created by the application of transformation rules from the "full-strength" semantics of the abstract models to equivalents in a particular technology. Transformation rules usually include mappings of:
     
    1430    * mappings between assumed types such as List<>, Set<> and inbuilt types.
    1531
     32ITSは、下に要約したような多数の主要な実装技術を対象として開発されつつある。実装者は、作業を進める前に該当の技術に関するITSを常に検索すべきである。もしなにも存在しなければ、新たに定義される必要があろう。そのための方法論も開発中である。
     33
    1634ITSs are being developed for a number of major implementation technologies, as summarised below. Implementors should always look for an ITS for the technology in question before proceeding. If none exists, it will need to be defined. A methodology to do this is being developed.
     35
     36図40 は、実装技術仕様空間を図示するものである。各仕様は、openEHRの抽象モデルで使用される標準的なオブジェクト指向セマンティクスからのマッピングを文書化したものであり、ITS形式における各抽象モデルの表現方法を提供する。
    1737
    1838FIGURE 40 illustrates the implementation technology specification space. Each specification documents the mapping from the standard object-oriented semantics used in the openEHR abstract models, and also provides an expression of each of the abstract models in the ITS formalism.