Changes between Version 25 and Version 26 of Archtectural Overview Design of the openEHR EHR


Ignore:
Timestamp:
Oct 20, 2007, 8:05:14 PM (14 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Design of the openEHR EHR

    v25 v26  
    1441446.5 Managing Interventions
    145145
    146 [[BR]]介入プロセスについての重要な部分は![http://www.openehr.jp/attachment/wiki/Archtectural%20Overview%20Design%20of%20the%20openEHR%20EHR/design_of_ehr2.gif 図17]にしめされており、ヘルスケアは一般的には「介入」そのものである。介入を特定し、管理することは(もっとも単純な処方や複雑な手術であろうとも)情報システムにとって難しい課題であり、
     146[[BR]]介入プロセスについての重要な部分は[http://www.openehr.jp/attachment/wiki/Archtectural%20Overview%20Design%20of%20the%20openEHR%20EHR/design_of_ehr2.gif 図17]に示されており、ヘルスケアは一般的には「介入」そのものである。介入が「未来時間」(介入する行動が、特定の時間で分岐したり繰り返したりするなどを表現しなくてはならず、単純で直線的ん時間軸で観察されるものではないからである)であったり、予定されていないイベントにより物事が変化し、行われた介入の状態によっては、(特に分散されたシステムでは)その後の追跡が困難になることから、介入を特定し、管理することは(もっとも単純な処方や複雑な手術であろうとも)情報システムにとって難しい課題である。
    147147
    148148A key part of the investigation process shown in FIGURE 17, and indeed healthcare in general, is intervention. Specifying and managing interventions (whether the simplest prescriptions or complex surgery and therapy) is a hard problem for information systems because it is in "future time" (meaning that intervention activities have to be expressed using branching/looping time specifications, not the simple linear time of observations), unexpected events can change things (e.g. patient reaction to drugs), and the status of a given intervention can be hard to track, particularly in distributed systems.