Changes between Version 1 and Version 2 of Archtectural Overview Deployment


Ignore:
Timestamp:
Oct 31, 2007, 6:09:38 PM (14 years ago)
Author:
haru
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Deployment

    v1 v2  
    3636
    3737図38は、openEHRソフトウェア・アーキテクチャーの主要部分の5層スキーマへのマッピングの概略を示している。アーキテクチャーの各部が使用される際には、さまざまな実装上の選択肢に依存することは明らかである。それゆえ、ここで示したマッピングは、絶対的なものではない。ではあるが、アーキテクチャーの各部の主要な使い方は、たいていのシステムでは以下のようなものになるであろう。
    38 ·       RM and AM: 主としてアーキタイプ処理及びテンプレート処理カーネルを構築するために使用される。
    39 ·       RM common.change_control パッケージ: EHRやデモグラフィックのようなバージョン付きサービスにおけるバージョニング・ロジックを提供する。
    40 ·       SM: 各種のサービスモデル・パッケージが主要なサービスの公開インターフェースを定義する。
    41 ·       SM virtual_ehr パッケージは、仮想EHRコンポーネントのAPIを定義する。
    42 ·       アーキタイプ: アーキタイプは直接いくつかのアプリケーションになるものと想定されている。たとえば、周産期スペシャリスト・パッケージは、この専門分野のアーキタイプ系列に部分的に依拠していると想定される。
    43 ·       テンプレート: アーキタイプとテンプレートは、アプリケーションのプレゼンテーション層で使用されるであろう。GUIコードをかぶせる場合と、特定のテンプレートやアーキタイプに基づいてツールでコードを生成したり、ダイナミックにフォームを生成させる場合とがあろう。
     38RM and AM: 主としてアーキタイプ処理及びテンプレート処理カーネルを構築するために使用される。
     39RM common.change_control パッケージ: EHRやデモグラフィックのようなバージョン付きサービスにおけるバージョニング・ロジックを提供する。
     40SM: 各種のサービスモデル・パッケージが主要なサービスの公開インターフェースを定義する。
     41SM virtual_ehr パッケージは、仮想EHRコンポーネントのAPIを定義する。
     42アーキタイプ: アーキタイプは直接いくつかのアプリケーションになるものと想定されている。たとえば、周産期スペシャリスト・パッケージは、この専門分野のアーキタイプ系列に部分的に依拠していると想定される。
     43テンプレート: アーキタイプとテンプレートは、アプリケーションのプレゼンテーション層で使用されるであろう。GUIコードをかぶせる場合と、特定のテンプレートやアーキタイプに基づいてツールでコードを生成したり、ダイナミックにフォームを生成させる場合とがあろう。
    4444
    4545FIGURE 38 illustrates an approximate mapping of major parts of the openEHR software architecture to the 5-tier scheme. Clearly where parts of the architecture are used will depend on various implementation choices; the mapping shown is therefore not definitive. Nevertheless, the principal use of parts of the architecture is likely to be similar in most systems, as follows:
    46 ·       RM and AM: mainly used to construct an archetype- and template-processing kernel;
    47 ·       RM common.change_control package: provides the logic for versioning in versioned services such as the EHR and demographics;
    48 ·       SM: various service model packages define the exposed interfaces of major services;
    49 ·       SM virtual_ehr package defines the API of the virtual EHR component;
    50 ·       archetypes: archetypes might be assumed directly in some applications, e.g. a specialist peri-natal package might be partly based on a family of archetypes for this specialisation;
    51 ·       templates: both archetypes and templates will be used in the presentation layer of applications. Some will base the GUI code on them, while others will have either tool-generate code, or dynamically generate forms based on particular templates and archetypes
     46RM and AM: mainly used to construct an archetype- and template-processing kernel;
     47RM common.change_control package: provides the logic for versioning in versioned services such as the EHR and demographics;
     48SM: various service model packages define the exposed interfaces of major services;
     49SM virtual_ehr package defines the API of the virtual EHR component;
     50archetypes: archetypes might be assumed directly in some applications, e.g. a specialist peri-natal package might be partly based on a family of archetypes for this specialisation;
     51templates: both archetypes and templates will be used in the presentation layer of applications. Some will base the GUI code on them, while others will have either tool-generate code, or dynamically generate forms based on particular templates and archetypes
    5252
    5353将来的には、openEHRは、データベースの実装を支援するべく、抽象永続化APIと最適化された永続化モデル(既存のRMモデルの改変) とを発表したいと考えている。