Changes between Version 15 and Version 16 of Archtectural Overview Archetypes


Ignore:
Timestamp:
Oct 18, 2007, 11:44:39 AM (14 years ago)
Author:
Tatsukawa, Akimichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Archetypes

    v15 v16  
    123123[[Image(archetypingb.gif)]]
    124124
     125== 10.6 実行時におけるアーキタイプとテンプレート ==
    12512610.6 Archetypes and Templates at Runtime
    126127
     128=== 10.6.1 概観 ===
    12712910.6.1 Overview
    128130
     131openEHRのアーキタイプとテンプレートは、実行時に計算機で処理可能であるように、形式的に設計されている。これらは主に2つの機能を実現する。ひとつは、データの取得やインポートの際にデータを検証する機能であり、これによってデータが参照モデルのみならずアーキタイプにも適合していることをが保証される。アーキタイプにもとづくデータの検証は、openEHRテンプレートを介する。ふたつめは、クエリーを構築するのための基盤となる機能である。データはアーキタイプをもとにして取得されるのであるから、全てのopenEHRのデータはテンプレート内部のアーキタイプの合成によって生成されれた意味的パス semantic paths に適合することが保証される。これらのパス(図31で示されるように)は、馴染あるSQLスタイル風の構文のなかに記述され、そうして形成されたクエリーによって意味論を加味したうえで必要な項目を取得できる。
     132
    129133openEHR archetypes and templates were designed as formal artefacts, so as to be computable at runtime. They perform two key functions. The first is to facilitate data validation at data capture or import time, i.e. to guarantee that data conform to not just the reference model, but also to the archetypes themselves. Data validation with archetypes is mediated by the use of openEHR Templates. The second function is as a design basis for queries. Since data are captured based on archetypes, all openEHR data are guaranteed to conform to the "semantic paths" that are created by the composition of archetypes within a template. The paths (such as those shown in FIGURE 31 above) are incorporated within a familiar SQL-style syntax, to form queries that can be evaluated to retrieve items on a semantic basis.
     134
     135=== 10.6.2 アーキタイプとテンプレートの配置 ===
    130136
    13113710.6.2 Deploying Archetypes and Templates