Changes between Version 12 and Version 13 of Archtectural Overview Archetypes


Ignore:
Timestamp:
Oct 8, 2007, 6:16:34 PM (14 years ago)
Author:
Tatsukawa, Akimichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Archetypes

    v12 v13  
    909010.4 Archetype-enabling of Reference Model Data
    9191
    92 参照モデルのクラスは common.archetypedパッケージ (Common IM を参照)(訳注: http://www.openehr.org/uml/release-1.0.1/Browsable/_9_0_76d0249_1109005524093_410631_254Index.html)にあるLOCATABLEクラスを継承することで、アーキタイプの利用が有効となる。 LOCATABLEクラスは archetype_node_id と archetype_detailsの属性を持つ。データにおいて、前者(archetype_node_id属性)はアーキタイプの識別子を設定する。もしデータのノードが根 root pointならば、そのノードは生成するアーキタイプの識別子を複数格納し、archetype_details属性にはその根となるアーキタイプに適切な情報を保持するARCHETYPEDオブジェクトが設定される。もし、データのノードが根ノードでなければ、archetype_node_id属性はデータノードを生成するアーキタイプ内部ノード archetype interior node の識別子(atコードあるいはarchetype termコードと呼ばれる)を設定し、archetype_details属性は空となる。
     92参照モデルのクラスは common.archetypedパッケージ (Common IM を参照)(訳注: http://www.openehr.org/uml/release-1.0.1/Browsable/_9_0_76d0249_1109005524093_410631_254Index.html )にあるLOCATABLEクラスを継承することで、アーキタイプの利用が有効となる。 LOCATABLEクラスは archetype_node_id と archetype_detailsの属性を持つ。データにおいて、前者(archetype_node_id属性)はアーキタイプの識別子を設定する。もしデータのノードが根 root pointならば、そのノードは生成するアーキタイプの識別子を複数格納し、archetype_details属性にはその根となるアーキタイプに適切な情報を保持するARCHETYPEDオブジェクトが設定される。もし、データのノードが根ノードでなければ、archetype_node_id属性はデータノードを生成するアーキタイプ内部ノード archetype interior node の識別子(atコードあるいはarchetype termコードと呼ばれる)を設定し、archetype_details属性は空となる。
    9393
    9494