Changes between Version 3 and Version 4 of openEHR Primer


Ignore:
Timestamp:
Jul 19, 2007, 10:58:20 PM (12 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • openEHR Primer

    v3 v4  
    11[[TOC]]
    2 = はじめに =
     2= openEHR入門 =
    33[http://www.openehr.org/getting_started/t_openehr_primer.htm openEHR primer]の内容を翻訳していきます。以下は参考訳であり内容についての責任はおいません。[http://www.openehr.org/getting_started/t_openehr_primer.htm 原文]と照らしあわせて検討されてください。
    44
    5 = 医療情報の現状 =
     5== 医療情報の現状 ==
    66
    77医療情報システムは以下のような多くの重要問題に直面している:
     
    1313これらの欠点は広く認識されているが,それについての対応は容易ではない。膨大な量の医療情報が作り出されており,システムも多く構成も複雑であるからである。もちろん,解決するための銀の弾丸はない。しかしながら,openEHR Foundationはその問題を狭い意味でのITによる実現ということだけではなく,技術的モデリングやドメインモデリング,ソフトウェア工学といった統合フレームワークといった問題領域まで概念を再構築して解決法を提案する。次のセクションではopenEHRが考えていることについてもう少し詳しく解説する。
    1414
    15 = The openEHR Foundation =
     15== The openEHR Foundation ==
    1616
    1717openEHR Foundationは医療情報システム(特にelectronic health record;電子的保健情報)のための公開された仕様や,ソフトウェアや知識源を開発するために創設された。その仕様や参照実装はオープンソースソフトウェアとして公開されている。「archetypes」とEHRを利用するための述語集についても開発している。
    1818
    19 = The EHR =
     19== The EHR ==
    2020
    2121openEHRでは「電子的保健情報」(electronic health record)の定義はISO/DTR 20514で定義されているIntegrated Care EHRに準拠している。
     
    2929 * 予見性:過去のイベントの記録だけではなく,計画,目的,指示,評価に関する判断材料となりうるように予見できる情報を持つこと
    3030
    31 
    32 = 健康情報の分散環境 =
     31== 健康情報の分散環境 ==
    3332
    3433健康情報をコンピュータで分散処理する環境という概念はopenEHRの理念の大きな鍵となるものである。健康情報をコンピュータ処理する環境はモジュール化されていて,安全なものでありWebで利用できることが求められている。ここに無理なく配備することができる情報サービスの全容を模式化した[http://www.openehr.org/getting_started/landscape_diag-1.png 図]がある。現在openEHRが考えている健康情報の分散環境の大部分は,OMG Corbamed taskforceの優れた業績や,Distributed Healthcare Environment(DHE)がEUの資金援を受けてヨーロッパで行われたRICHEやEDITH,HANSA,PICNICといった実装プロジェクトが元になっている。
    3534
    36 = モデル,データ,用語 =
     35== モデル,データ,用語 ==
    3736
    3837健康情報システムは情報モデルを定義し,データベースやアプリケーションにそれを実装して臨床用語を付け加えることで構築される。しかしながら,生涯にわたって診療情報を共有される健康情報システムを陳腐化しないように構築するには,他にも要件がある。まず、求められる要件について適切なモデリングがなされなければならない。openEHRがベースとする要件は以下のものが含まれている。
     
    5049EHRは少数の用語をそのモデルを利用するために開発を進めている(openEHR用語,XMLで扱うことができるものはこちらを参照。)
    5150
    52 = openEHRのアプローチ =
     51== openEHRのアプローチ ==
    5352
    5453openEHRはElectronic Health Recordを以下の用語で規定する:
     
    6867 3. サービスモデル(Service Model; SM)
    6968
    70 
     69これはopenEHRのアーキテクチャではコンピュータで扱うという視点にたっている。サービスモデルは、EHRに関連したコンピュータ環境における主要なサービスを定義するものとして構成されている。これらの覆うはは、OMG CorbamedやCEN HISAにおいて実際行われた業績や実装経験に由来している。
    7170
    7271This is the computational viewpoint of the openEHR architecture. The service model consists of service definitions for the major services in the EHR computing environment. These are largely derived from existing work in OMG Corbamed, CEN HISA and implementation experience.
    7372
    74  4. Terminology and other Ontologies
     73 4. 用語とオントロジー(Terminology and other Ontologies)
     74
     75アーキタイプを基盤技術として実現されるhealth recordシステムはhealth recordに記載される概念や用語のセマンティクスを定義する語彙や知識資産である。アーキタイプは複数の用語体型を利用することができ,どの自然言語でも利用できるものである。
    7576
    7677Underpinning archetype-enabled health record systems are knowledge resources such as vocabularies, terminologies and ontologies, which define the semantics of terms and concepts referenced in the health record. Archetypes enable multiple terminologies to be used, and in any natural language in which they are available.
    7778
    78 The Architectural Overview (PDF, HTML) provides a good summary of the technical architecture of openEHR.
    79 How openEHR can Improve Clinical Care
     79アーキテクチャの概要("The Architecutural Overview")([http://svn.openehr.org/specification/TAGS/Release-1.0.1//publishing/architecture/overview.pdf PDF], HTML)はopenEHRの技術的アーキテクチャの概要について良くまとめられた資料である。
     80
     81The Architectural Overview ([http://svn.openehr.org/specification/TAGS/Release-1.0.1//publishing/architecture/overview.pdf PDF], HTML) provides a good summary of the technical architecture of openEHR.
     82
     83== openEHRは医療をどのように改善するのか ==
     84
     85参照モデルにより構築されているが、臨床モデルは別に表され処理されているシステムを利用した効果はいくつかある。
    8086
    8187The effects of using a system whose software is built on a reference model, but whose clinical models are represented and processed separately are several.
     88
     89 * アーキタイプの変更がなければ、臨床データモデルの一部が変更されてもソフトウェアを変更しなくてすむので,ソフトウェアメンテナンスが減る。
     90 * アーキタイプがEHRに入力される全てのデータを検証するのに用いられるため,データがより正当なものとなった。臨床からみても、データの信頼性が向上した。
     91 * システム間でデータが公開された参照モデルのインスタンスという標準に準拠してのみ通信するため、相互可用性が飛躍的に向上した。同様に、知識の相互可用性はコンピュータシステム間でアーキタイプを共有することで実現した。アーキタイプはデータの検証にも問い合わせにも利用することができる。相互可用性が向上したことにより、病院の中の臨床家や、地域のケアネットワークなどで情報を共有できる距離がひろがっていった。
     92 * 標準に準拠した。openEHRの参照モデルはISOやCEN EHR標準から発展したものであり,HL7やEDIFACTメッセージ標準とも相互可用性を持っている。これによりopenEHRベースのソフトウェアは他のソフトウェアやシステムと統合することが可能である。
     93 * 既存システムやレガシーシステムとの統合ができる。標準に準拠しているため,openEHRソフトウェアはデータの相互可用性ができるよく知られた標準規格を使用している多くのシステムと統合することができる。さらに、アーキタイプを用いて,レガシーなリレーショナルデータベースからコンバートして、その例外レポートを精製し,データの間違いを指摘することで「精製した」ものにすることができる。
     94
     95つまり、臨床データはより正確なものとなり、より広範囲に共有することが出来,ソフトウェアはベンダーロックイン問題を回避することができる。全てにおいて、質の向上がなされ,医療における費用対効果を高めることにつながる。
    8296
    8397 * Software maintenance is reduced, since the software does not have to be changed every time the model of some clinical data changes - only the archetypes change.
     
    89103In short, clinical data are more likely to be correct, is more sharable, and software is not subject to "vendor lock-in" - all leading to better quality and more cost-effective clinical care.
    90104
    91 = Security, Privacy and Consent =
     105== セキュリティ、プライバシーと同意 ==
    92106
    93107The security requirements of health data are likely to be greater, and more difficult to satisfy than for any other kind of data, including financial. This is partly because of the seeming paradox of conflicting needs of the two primary categories of health data stakeholders:
     
    108122The openEHR specifications assume both of these premises, and most of the principles described in Anderson's paper. In particular, privacy settings can be set on selected parts of the EHR, not just the whole thing.
    109123
    110 = Standards =
     124== Standards ==
    111125
    112126The openEHR Foundation sees standards as vitally important in improving the prospects of high-quality health records and systems, but also sees "paper-only" standards as flawed. Standards are only useful with validation via implementation, and a recognised feedback path into the standards process. Accordingly, openEHR people are heavily involved in health standards work in Europe (CEN TC/251) and internationally (HL7 and ISO). However, openEHR does more: it produces specifications of systems which are based not just on standards, but on good modelling and engineering principles, and which are perfected over time by ongoing implementation experience. The results of all work are fed back into the specifications, which of course are available to standards bodies.
     
    116130The openEHR standards pages are available here: ISO, CEN, HL7.
    117131
    118 = Open Source =
     132== Open Source ==
    119133
    120134openEHR's approach to open source is simple: any interoperability component must be available in open source form, and so must its specification. This is the only way to get industry vendors together to cooperate on interoperability components, rather than competing by making their systems non-interoperable. The result is systems which contain trusted interoperability components, developed and certified in the open, and vendors who compete on quality of applications and infrastructure instead.
     
    122136All of openEHR's specifications are openly available (under the openEHR copyright notice), as is its software (under the Mozilla "tri-license"). See the licensing pagefor details.
    123137
    124 = Research and Education =
     138== Research and Education ==
    125139to be continued
    126140
    127 = The openEHR Community =
     141== The openEHR Community ==
    128142
    129143The openEHR community is a growing one, as evidenced by the numbers subscribed to the discussion lists - currently some hundreds, from over 50 countries. All interested parties are welcome to join - it's free. Current membership includes people from all backgrounds - clinical, IT, education, government and private individuals.