Changes between Version 4 and Version 5 of openEHR Models, Archetypes and Biomedical Ontologies


Ignore:
Timestamp:
Aug 5, 2007, 10:07:48 AM (12 years ago)
Author:
Tatsukawa, Akimichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • openEHR Models, Archetypes and Biomedical Ontologies

    v4 v5  
    140140          * 1994: EUが資金を提供したGEHR (Good European Health Record)プロジェクトが電子カルテと情報モデルにとっての必要条件を考案した [ref]
    141141          * 2003: TangeらがPOMR, Elsteinと「行動のための会話」という理論を統合した [ref]
    142     * Practical approaches:
    143           * 1998- : the Danish G-EPJ ('EPJ' = 'EHR'), which described a cycle very similar to the one used in openEHR [ref]
    144           * 2001-3: the Australian GeHR (Good electronic Health Record) project, an approach that introduced formal 'archetypes' [ref]
    145           * 2005- : the Swedish Samba project distinguished 3 kinds of interlinked process: clinical, management and communication [ref]
    146     * Act-based approaches:
    147           * 1992: RICHE consortium devised a method of representing health information in terms of acts carried out in the care delivery process [ref]
    148           * 1993- : The HL7v3 RIM (reference information model) is a current approach that attempts to represent health information as acts. [ref]
    149     * Medical terminologies: all medical terminologies with any structure whatever are ontologies of some kind, whether they think they are or not, including:
     142    * 現実的なアプローチ:
     143          * 1998- : オランダのG-EPJ ('EPJ' = 'EHR')プロジェクトは、openEHRとよく似た工程を採用している [ref]
     144          * 2001-3: オーストリアのGeHR (Good electronic Health Record) プロジェクトは、形式的なアーキタイプを導入するというアプローチを採用した [ref]
     145          * 2005- : スウェーデンのSambaプロジェクトでは、相互接続のプロセスを臨床、管理、通信の3種類に分類した [ref]
     146    * Actを基盤としたアプローチ:
     147          * 1992: RICHE協会は診療サービスを提供するプロセスにおいて行為 act によって診療情報を表現する仕組みを開発した [ref]
     148          * 1993- : HL7v3 RIM (参照情報モデル)は、診療情報を行為 act によって表現するための現代的なアプローチである [ref]
     149    * 医学用語: 全ての医学用語は、それがどんな構造をもっているにせよ、何らかのオントロジーといえる。例えば、
    150150          * MeSH
    151           * ICDx
     151          * ICDコード
    152152          * Read codes
    153153          * SNOMED CT
    154154          * LOINC
    155           * and many others
     155          * その他多数
    156156
    157157    * Theoretical approaches
     
    176176          * and many others
    177177
    178 [top]
     178= 成功の基準 =
     179 
    179180Success Criteria
    180181
     182もし我々が真剣にopenEHRに対してオントロジーに基づいた分析を行なうつもりならば、我々はその試みが成功かどうかを判断する基準を確立しなければならない。そうした基準には以下のものがある。
     183
    181184If we are to take an ontological analysis of openEHR seriously, we need to establish success criteria. These might include:
     185
     186    * openEHRのリポジトリに対してテストを定義する。それはオントロジーに基づいてアーキタイプか参照モデルを解析し、その正しさを検証したり間違いを検出するテストである
     187
     188    * 設計段階でのテストを定義する。それはアーキタイプに対して実行され、問題点を指摘するテストである。おそらく OWL/protege環境が利用されるであろう。
    182189
    183190    * defining tests to run on an openEHR repository that would prove correctness or show errors in the underlying ontological approach of the reference model or the archteypes.
    184191    * defining design-time tests to be run on archetypes that would show up problems; this might be done using an OWL / protege environment.
    185192
    186 [top]
     193= 医学生物学のオントロジー =
     194
    187195Biomedical Ontologies
    188196