Changes between Version 18 and Version 19 of openEHR Models, Archetypes and Biomedical Ontologies


Ignore:
Timestamp:
Oct 30, 2007, 9:30:34 PM (11 years ago)
Author:
Tatsukawa, Akimichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • openEHR Models, Archetypes and Biomedical Ontologies

    v18 v19  
    269269We can redraw the investigator system in order to more clearly show the types of information created during the care process, as shown in Figure 4. Five types of information are identified, as follows:
    270270
     271    * 観察 observation: 患者やそれに関する物質(組織、尿検体など)に対する観察、測定、質問、検査という行為によって生成される情報であり、患者自身がその主体となってもよい(例えば、自ら血糖値を測定するなど)。要するに、観察者によって得られ、患者を特徴付ける全ての情報のことである。
     272    * 見解 opinion: 診断、評価、熟慮された計画、目標など全ての評価活動を通じて生成された検査者の見解であり、観察が意味するものや対処法などを内容とする。
     273    * 指示 instruction: 人間であれ機械であれ観察者によって実行されるべき十分に具体的な指令であり、治療的介入(生検など、さらなる検査に対する検体採取を含む)を目的とする。
     274    * 行為 action: 指示やその他にもとづいて実施された介入の記録である。
     275    * 経営的事象 administrative event:入院、予約、紹介、退院などの事務的な事象であり、経営上の観点から定義されるもの。
     276
    271277    * observation: information created by an act of observation, measurement, questioning, or testing of the patient or related substance (tissue, urine etc), including by the patient himself (e.g. taking own blood glucose measurement), in short, the entire stream of information captured by the investigator, used to characterise the patient system;
    272278    * opinion: thoughts of the investigator about what the observations mean, and what to do about them, created during the evaluation activity, including all diagnoses, assessments, speculative plans, goals;