wiki:Support Information Model 1 Introduction

TOC PREV NEXT

この文書はThe openEHR Support Information Modelの翻訳です。翻訳の妥当性については保証しませんので適宜原文を参照してください。

はじめに

Introduction

1.1 目的

Purpose

この文書はopenEHRのサポート参照モデル(Support Reference Model)について記述しているものであり、そのセマンティクスは全てのopenEHR参照モデルで利用されている。この文書は以下の読者を想定している。

  • 健康情報の標準を作るためにある標準化団体
  • EHRシステムを開発するソフトウェア開発組織
  • EHRを研究する学術集団
  • オープンソースヘルスケアコミュニティ

This document describes the openEHR Support Reference Model, whose semantics are used by all openEHR Reference Models. The intended audience includes:

  • Standards bodies producing health informatics standards;
  • Software development organisations developing EHR systems;
  • Academic groups studying the EHR;
  • The open source healthcare community.

1.2 Related Documents

この文書を読む前に呼んでおくべき文書は以下のものである。

Prerequisite documents for reading this document include:

  • The openEHR Architecture Overview
  • The openEHR Modelling Guide

1.3 状態

1.3 Status

この文書は開発中のものであり、標準化プロセスに提供し、実装作業のために公開されている。

This document is under development, and is published as a proposal for input to standards processes and implementation works.

この文書は、[http://svn.openehr.org/specification/TAGS/Release-1.0.1/publishing/architecture/rm/support_im.pdfで入手できる。

This document is available at http://svn.openehr.org/specification/TAGS/Release-1.0.1/publishing/architecture/rm/support_im.pdf 1.0.1/publishing/architecture/rm/support_im.pdf.

この文書の最新バージョンはhttp://svn.openehr.org/specification/TRUNK/publishing/architecture/rm/support_im.pdfにある。

The latest version of this document can be found at http://svn.openehr.org/specification/TRUNK/publishing/architecture/rm/support_im.pdf tion/TRUNK/publishing/architecture/rm/support_im.pdf.

青字の文は現在開発中のセクションであることを示している。

Blue text indicates sections under active development.

1.4 ピアレビュー

1.4 Peer review

さらに解析や説明が必要な領域については「現在執筆中("to be continued")」という段落で以下のように示されている

現在執筆中:もっと作業が必要

Areas where more analysis or explanation is required are indicated with “to be continued” paragraphs like the following:

To Be Continued: more work required

レビュアーはこれらの段落についてコメントやアドバイスをもらうと主要部分と同じように励まされる。情報についての要望はinfo@…に送ってください。フィードバックはメーリングリストopenehr-technical@…か、個人的なemailで提供されるだろう。

Reviewers are encouraged to comment on and/or advise on these paragraphs as well as the main content. Please send requests for information to info@…. Feedback should preferably be provided on the mailing list openehr-technical@…, or by private email.

1.5 適合性

1.5 Conformance

openEHR参照モデル仕様に対するデータあるいはソフトウェア製品の適合性は関連するopenEHR実装技術仕様(ITSs; Implementation Technology Specification(s))について行われるIDLインターフェースやXMLスキーマを公式にテストすることよって決定される。ITSsは公的なものであり、参照モデルによって自動的に派生したものであり、ITS適合性は参照モデルの適合性を示している。

Conformance of a data or software artifact to an openEHR Reference Model specification is determined by a formal test of that artifact against the relevant openEHR Implementation Technology Specification(s) (ITSs), such as an IDL interface or an XML-schema. Since ITSs are formal, automated derivations from the Reference Model, ITS conformance indicates RM conformance.

Editors:{T Beale, S Heard}, {D Kalra, D Lloyd} Date of Issue: 08 Apr 2007

© 2003-2006 The openEHR Foundation email: info@… web: http://www.openEHR.org

TOC PREV NEXT

Last modified 10 years ago Last modified on Sep 6, 2008, 8:24:33 PM