wiki:Archtectural Overview Overview

TOC PREV NEXT

この文書はArchtectural OverviewOverviewの翻訳である。内容の正確性については保証しないので,適宜原文を参照してください。

2 概要

2 Overview

openEHR logo

この文書はopenEHRのアーキテクチャの概要について説明するものである。仕様策定プロジェクトの解説はここから始まり,参照モデルの構造やパッケージについての概要に続く。セキュリティやアーキタイプ分類,識別表示,バージョンとパスがその次に書かれている。公開された標準との関連を示し,最後に実装技術仕様(ITSs; Implementation Technology Specifications)の概要が示されている。

This document provides an overview of the openEHR architecture. It commences with a description of the specification project, followed by an overview of the reference model structure and packages. Key global semantics including security, archetyping, identification, version and paths are then described. The relationship to published standards is indicated, and finally, the approach to building Implementation Technology Specifications (ITSs) is outlined.

2.1 openEHR仕様策定プロジェクト

2.1 The openEHR Specification Project

図1はopenEHR仕様策定プロジェクトについて図示している。このプロジェクトは,openEHR Health Computing Platformの基礎となる仕様を開発するのに関与している。Computing platformの各部と仕様の関係が図に示されている。このプロジェクトは要求や抽象仕様,実装技術仕様(ITSs),コンピュータで扱うことができる(computable)表現や適合基準について網羅している。

FIGURE 1 illustrates the openEHR Specification Project. This project is responsible for developing the specifications on which the openEHR Health Computing Platform is based. The relationships between the parts of the computing platform and the specifications are indicated on the diagram. The project deliverables include requirements, abstract specifications, implementation technology specifications (ITSs), computable expressions and conformance criteria.

抽象仕様は参照モデル(RM; Refference Model),サービスモデル(SM; Service Model)とアーキタイプモデル(AM; Archetype Model)で構成されている。最初の二つはISO RM/ODP情報とコンピュータからの視点(computational viewpoint)にそれぞれ対応している。後者は情報モデルと知識資産とを仲介する形式である。

The abstract specifications consist of the Reference Model (RM), the Service Model (SM) and Archetype Model (AM). The first two correspond to the ISO RM/ODP information and computational viewpoints respectively. The latter formalises the bridge between information models and knowledge resources.

openEHRが公開している抽象仕様は,UML記法と定型文書によるクラス仕様を使って定義されている。これらのモデルはすべてのopenEHRセマンティクスについてまず参照するものとして構築されている。これらの抽象仕様の表現形式は意図的に明確で伝えられようとする概念にセマンティクスが近いものとなっている。したがって,仕様は特定の様式や,プログラミング言語,スキーム言語などの形式に追随するものではない。

The abstract specifications published by openEHR are defined using the UML notation and formal textual class specifications. These models constitute the primary references for all openEHR semantics. The presentation style of these abstract specifications is deliberately intended to be clear and semantically close to the ideas being communicated. Accordingly, the specifications do not follow idioms or limitations of particular programming languages, schema languages or other formalisms.

抽象仕様はまた,ソフトウェア開発やシステム開発ができるようにコンピュータで扱うことができるツール志向のUML形式でも利用できる。すべての実用的な目的のためにコンピュータで扱える表現は公開された抽象仕様に可逆的に翻訳することができると仮定されている。

The abstract specifications are also available in a tool-oriented computable UML format in order to enable development of software and systems. The computable expressions for all practical purposes can be assumed as being a lossless rendition of the published abstract specifications.

一方で,実装技術仕様は特定のモデルからさまざまなプログラミング言語やスキーマ言語により抽象仕様の表現と対応している。その表現は完全ではなく通常は部分的に変換される。実装技術はプログラミング言語やXMLのような連続した形式から,データベースや分散オブジェクトインターフェースにいたるまで数多くある。それぞれに限界と長所がある. 既存の実装技術によるopenEHRの抽象モデルの実装への取り組みはすべて,まず特定の技術のためのITSを定義し,それに従い抽象モデルをその技術的表現に形式を置き換えていくということになる。

The implementation technology specifications on the other hand correspond to the expression of abstract specifications in various programming and schema languages, each of which represents an imperfect and usually partial transformation from the specification models. There are numerous implementation technologies, ranging from programming languages, serial formalisms such as XML, to database and distributed object interfaces. Each of these has its own limits and strengths. The approach to implementing any of the openEHR abstract models in a given implementation technology is to firstly define an ITS for the particular technology, then to use it to formally map the abstract models into expressions in that technology.

openEHR Foundation http://www.openEHR.org

TOC PREV NEXT

Last modified 11 years ago Last modified on Feb 10, 2008, 11:46:04 AM

Attachments (1)

Download all attachments as: .zip