Changes between Version 32 and Version 33 of Archtectural Overview Design Principles


Ignore:
Timestamp:
Feb 10, 2008, 10:39:57 AM (11 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archtectural Overview Design Principles

    v32 v33  
    1111The openEHR approach to modelling information, services and domain knowledge is based on a number of design principles, described below. The application of these principles lead to a separation of the models of the openEHR architecture, and consequently, a high level of componentisation. This leads to better maintainability, extensibility, and flexible deployment.
    1212
    13 == 4.1 オントロジー的分離 ==
     13== 4.1 オントロジー的分離 == #ontology
    1414
    15154.1 Ontological Separation
     
    3737Two-level Modelling and Archetypes
    3838
    39 openEHRの基礎となっている重要なパラダイムの一つは、「2段階」モデリングとして知られている[[FootNote(Beale T. Archetypes: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. OOPSLA 2002 workshop on behavioural semantics. Available at http://www.deepthought.com.au.)]]。2段階アプローチでは、安定した参照情報モデルが第1段階のモデリングであり、さらに臨床内容をアーキタイプ形式やテンプレートで定義して構成することが第2段階のモデリングである。第1段階(参照モデル)をソフトウェアに実装するだけで、配備されるシステムと様々な内用で定義されるデータの依存関係を有意に減らすことができる。モデル全般の別の部分でさえも極めて安定した言語やモデルにより表現することができる([http://www.openehr.jp/attachment/wiki/Archtectural%20Overview%20Design%20Principles/design_principles4.gif 図4]の最下部)。結果として、システムは1段階のシステムよりもはるかに小さく、維持しやすいものとすることができる。将来に向けてアーキタイプとテンプレートを使って開発してくことで、システムはまた本質的に自己適応するものとなる。
     39openEHRの基礎となっている重要なパラダイムの一つは、「2段階」モデリングとして知られている[[FootNote(Beale T. Archetypes: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. OOPSLA 2002 workshop on behavioural semantics. Available at http://www.deepthought.com.au.)]]。2段階アプローチでは、安定した参照情報モデルが第1段階のモデリングであり、さらに臨床内容をアーキタイプ形式やテンプレートで定義して構成することが第2段階のモデリングである。第1段階(参照モデル)をソフトウェアに実装するだけで、デプロイされるシステムと様々な内容で定義されるデータの依存関係を有意に減らすことができる。モデル全般の別の部分でさえも極めて安定した言語やモデルにより表現することができる([http://www.openehr.jp/attachment/wiki/Archtectural%20Overview%20Design%20Principles/design_principles4.gif 図4]の最下部)。結果として、システムは1段階のシステムよりもはるかに小さく、維持しやすいものとすることができる。将来に向けてアーキタイプとテンプレートを使って開発してくことで、システムはまた本質的に自己適応するものとなる。
    4040
    4141One of the key paradigms on which openEHR is based is known as "two-level" modelling, described in [2]. Under the two-level approach, a stable reference information model constitutes the first level of modelling, while formal definitions of clinical content in the form of archetypes and templates constitute the second. Only the first level (the Reference Model) is implemented in software, significantly reducing the dependency of deployed systems and data on variable content definitions. The only other parts of the model universe implemented in software are highly stable languages/models of representation (shown at the bottom of FIGURE 4). As a consequence, systems have the possibility of being far smaller and more maintainable than single-level systems. They are also inherently self-adapting, since they are built to consume archetypes and templates as they are developed into the future.
     
    7272Clearly applications cannot always be totally generic (although many data capture and viewing applications are); decision support, administrative, scheduling and many other applications still require custom engineering. However, all such applications can now rely on an archetype- and template-driven computing platform. A key result of this approach is that archetypes now constitute a technology-independent, single-source expression of domain semantics, used to drive database schemas, software logic, GUI screen definitions, message schemas and all other technical expressions of the semantics.
    7373
    74 == 4.2 責任の分離 ==
     74== 4.2 責任の分離 == #responsibility
    7575
    76764.2 Separation of Responsibilities
     
    8686[[Image(design_principlesa.gif)]]
    8787
    88 多くのサービスのある側面で利用できる標準(用語体系や画像形式、メッセージやEHR Extracts、サービスをベースとした相互可用性や日付/時間の形式や文字エンコードなどの多くの規格)があるため、openEHR仕様は既存の標準を統合する機構としてしばしば利用されている。
     88多くのサービスのある側面で利用できる標準(用語体系や画像形式、メッセージやEHR Extracts、サービスをベースとした相互可用性や日付/時間の形式や文字エンコードなどの多くの規格)があるため、openEHR仕様は既存の標準を統合する機構としてしばしば利用されている。
    8989
    9090Since there are standards available for some aspects of many services, such as terminology, image formats, messages, EHR Extracts, service-based interoperation, and numerous standards for details such as date/time formats and string encoding, the openEHR specifications often act as a mechanism to integrate existing standards.
    9191
    92 == 4.3 視点の分離 ==
     92== 4.3 視点の分離 == #viewpoint
    9393
    94944.3 Separation of Viewpoints