Changes between Version 39 and Version 40 of Archetype FAQ


Ignore:
Timestamp:
Aug 7, 2007, 10:32:12 PM (11 years ago)
Author:
KOBAYASHI, Shinji
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Archetype FAQ

    v39 v40  
    172172Who else has used an archetype-like approach'?
    173173
    174 間違いなく過去にはアーキタイプによく似たものが使われたシステムがありました。アーキタイプの論文に書かれているような形式原理や形式においてどうとなものが使われたシステムは以下のとおりです。
     174間違いなく過去にはアーキタイプによく似たものが使われたシステムがありました。[http://www.deepthought.com.au/archetypes/archetypes.html アーキタイプの論文]に書かれているような形式原理や形式において同等なものが使われたシステムは以下のとおりです。
    175175
    176176Undoubtedly there are systems which have used something similar to archetypes in the past. Systems which use the formal principles described in the archetype paper or a formal equivalent include:
    177177
    178  * CHIMEとUCLによって開発され,ロンドンのアークウェイにあるWhittington病院で作られた抗凝固EHRシステム。このシステムのアーキテクチャはSynapsesプロジェクトを基礎としており,CEN ENV 13606:2000の参照モデルと,前述した「レガシーアーキタイプ」によく似た「オブジェクトディクショナリ」構造を基本にしています。
    179  * RACGP GPCG(General Practis Computing Group)により資金提供されたオーストラリアでのさまざまなGeHRプロジェクト
    180  * オーストラリアのブリスベーンでDSTCにより構築された!HealthConnectという糖尿病のケアを共有するEHRシステム。このシステムはopenEHRの参照モデルとADLを基礎としています。
     178 * CHIMEとUCLによって開発され,ロンドンのアークウェイにあるWhittington病院で作られた抗凝固EHRシステム。このシステムのアーキテクチャは[http://www.chime.ucl.ac.uk/work-areas/ehrs/SYNAPSES/index.htm Synapsesプロジェクト]を基礎としており,CEN ENV 13606:2000の参照モデルと,前述した「レガシーアーキタイプ」によく似た「オブジェクトディクショナリ」構造を基本にしています。
     179 * RACGP GPCG(General Practis Computing Group)により資金提供されたオーストラリアでのさまざまな[http://www.openehr.org/projects/t_aus_gehr.htm GeHRプロジェクト]
     180 * オーストラリアのブリスベーンで[http://www.dstc.edu.au/ DSTC]により構築された[http://www.health.gov.au/healthconnect/ !HealthConnect]という糖尿病のケアを共有するEHRシステム。このシステムはopenEHRの参照モデルとADLを基礎としています。
    181181 * デンマークのアーラス州で作られたSystematic Software Engineering SSE) EHRシステム。これは彼ら独自の参照モデルとアーキタイプ「言語」を使って構築された貴重なシステムです。アーキタイプエディタを使っており,システム内ではすべての情報がアーキタイプとして扱われます。openEHRのアーキタイプアプローチとはまったく独立して設計されたものです。しかし,openEHRとSSEに関連した仕事をしたこのなる人たちの間での議論では,ADLやほかの公式仕様を利用した可能性もあるということです。openEHRはSSEとそのシステムのユーザーからえた経験も役立てています。
    182182
     
    186186 * The Systematic Software Engineering (SSE) EHR system in production in Aarhus County in Denmark. This is a significant system, built using its own reference model and archetype 'language'. It has an archetype editor, and all information in the system is archetyped. It was designed independently of the openEHR archetype approach; however, there have been discussions between people working on openEHR and SSE regarding potential use of ADL and other public specifications. openEHR is also likely to benefit from the experience gained by SSE and the system's users.
    187187
    188 == openEHRの「アーキタイプア」プローチを利用している人はいるの?
     188== openEHRの「アーキタイプ」アプローチを利用している人はいるの?
    189189Who is using the openEHR 'archetype' approach'?
    190190
     
    193193Various projects around the world now use archetypes for clinical modelling, including:
    194194
    195  * RACGP GPCGにより資金提供されたオーストラリアアーキタイププロジェクト(2005)。アーキタイプについてはここを参照してください。
    196  * openEHRプロジェクトのページにあるほとんどのプロジェクト
     195 * RACGP GPCGにより資金提供されたオーストラリアアーキタイププロジェクト(2005)。アーキタイプについては[http://oceaninformatics.biz/archetypes/ ここ]を参照してください。
     196 * [http://www.openehr.org/projects/t_projects.htm openEHRプロジェクトのページ]にあるほとんどのプロジェクト
    197197
    198198 * The Australian Archetypes project (2005), funded by the RACGP GPCG. See here for archetypes.
     
    224224How do archetypes relate to HL7 v3?
    225225
    226 HL7はHL7の用語で言うとアーキタイプに相当するテンプレートに関するSIG(Special Interest Group)です。最近はHL7もopenEHRで定義されたようなテンプレートやアーキタイプと差がなくなっています。HL7が主に必要としているのはRIMを基礎としたオブジェクトをテンプレート化する手法です。おそらく,MIFと呼ばれるものを使ってHL7のモデルを表現するHL7特有の形式を設計しています。
     226[http://www.hl7.org/ HL7]はHL7の用語で言うアーキタイプに相当するテンプレートに関するSIG(Special Interest Group)です。最近ではHL7もopenEHRで定義されたようなテンプレートやアーキタイプと差がなくなっています。HL7が主に必要としているのはRIMを基礎としたオブジェクトをテンプレート化する手法です。おそらく,MIFと呼ばれるものを使ってHL7のモデルを表現するHL7特有の形式を設計しています。
    227227
    228228HL7 has a special interest group (SIG) for templates, which is the HL7 word for archetype (approximately). Currently HL7 does not differentiate between the notions of archetype and template as defined in openEHR. HL7's main need appears to be for a templating method for RIM-based objects; apparently it will use something called MIF, an HL7-specific formalism designed to represent HL7 models.
    229229
    230 事実として,ADLによるアーキタイプはUMLモデルに対応して記述することができます。そして,アーキタイプはHL7v3のRIM(参照情報モデル; Refference Information Model)にそのまま対応して書くこともできますし,CDA仕様(XMLスキーマによるUML表現を使ったもの)にも対応することができます。これは,ballot5でのHL7v3 Lav Obs RMIMをADLアーキタイプにしたものです。(生のADLはこちら)HL7はこの路線に沿って行わないことを選択しました。
     230事実として,ADLによるアーキタイプはUMLモデルに対応して記述することができます。そして,アーキタイプはHL7v3のRIM(参照情報モデル; Refference Information Model)にそのまま対応して書くこともできますし,CDA仕様(XMLスキーマによるUML表現を使ったもの)にも対応することができます。[http://svn.openehr.org/knowledge/archetypes/dev/adl/hl7-rim/Laboratory/hl7-rmim-observation.observation-general.draft.html これ]は,ballot5でのHL7v3 Lav Obs RMIMをADLアーキタイプにしたものです。(生のADLは[http://svn.openehr.org/knowledge/archetypes/dev/adl/hl7-rim/Laboratory/hl7-rmim-observation.observation-general.draft.adl こちら])HL7はこの路線に沿って行わないことを選択しました。
    231231
    232232In fact, ADL archetypes can be written against any UML model, and it would be possible to write archetypes directly against the HL7v3 RIM (Reference Information Model), and also the CDA specification (using a UML expression derived from its XML-schema). This is the HL7v3 Lab Obs RMIM from ballot 5 as an ADL archetype (raw ADL form here). HL7 has chosen not to follow this path.
     
    235235How do archetypes relate to CEN prEN 13606?
    236236
    237 CEN TC/251はopenEHRのアーキタイプモデルとアーキタイプを表現する手段としてADLを採用しました。CEN 13606(改訂版)EHR EXTRACTとして送信されたEHRデータを結合するために使うのが目的です。この仕様は改訂版EN13606パート2に垣間見ることができます。EN13606パート1モデルをもとに,前述のレガシーアーキタイプと呼ばれるカテゴリーに分類にされるアーキタイプを直接作成することもできます。
     237CEN TC/251は[http://svn.openehr.org/specification/TRUNK/publishing/architecture/am/aom.pdf openEHRのアーキタイプモデル]とアーキタイプを表現する手段として[http://svn.openehr.org/specification/TRUNK/publishing/architecture/am/adl.pdf ADL]を採用しました。CEN 13606(改訂版)EHR EXTRACTとして送信されたEHRデータを結合するために使うのが目的です。この仕様は改訂版EN13606パート2に垣間見ることができます。EN13606パート1モデルをもとに,前述のレガシーアーキタイプと呼ばれるカテゴリーに分類にされるアーキタイプを直接作成することもできます。
    238238
    239239CEN TC/251 has adopted the openEHR archetype model and ADL as the means of expressing archetypes to be used in conjunction with EHR data sent as CEN EN13606 (revised) EHR Extracts; these specifications are snapshotted in the revised EN13606 part 2. Archetypes created directly based on the EN13606 part 1 model fall into the category of legacy archetypes as defined above.
     
    246246There are various papers about archetypes available:
    247247
    248  * アーキタイプに関する新しい文献: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. Thomas Beale, 2002, prepared for OOPSLA 2002 - Haim Kilov's workshop on Behavioural Semantics ( PDF 171kb, 17pp)
    249  * 原著 - Archetypes - An Interoperable Knowledge Methodology for Future-proof Information Systems.Thomas Beale 2000. (PDF 700 kb, 80pp)
    250  * アーキタイプとテンプレートを比較した論文: Templates and Archetypes: how do we know what we are talking about? Sam Heard et al. February 2003. (PDF 94KB)
    251  * 標準化に関する論文: A Shared Archetype Language: A Position Paper for HL7, CEN TC 251, openEHR and other organisations. Thomas Beale, Sam Heard. Jan 2003 ( Word 155KB)
     248 * アーキタイプに関する新しい文献: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. Thomas Beale, 2002, prepared for [http://www.oopsla.org/ OOPSLA 2002] - Haim Kilov's workshop on Behavioural Semantics ( [http://www.openehr.org/downloads/archetypes/archetypes_new.pdf PDF] 171kb, 17pp)
     249 * 原著 - Archetypes - An Interoperable Knowledge Methodology for Future-proof Information Systems.Thomas Beale 2000. ([http://www.deepthought.com.au/it/archetypes/archetypes.pdf PDF] 700 kb, 80pp)
     250 * アーキタイプとテンプレートを比較した論文: Templates and Archetypes: how do we know what we are talking about? Sam Heard et al. February 2003. ([http://www.openehr.org/downloads/archetypes/templates_and_archetypes.pdf PDF] 94KB)
     251 * 標準化に関する論文: A Shared Archetype Language: A Position Paper for HL7, CEN TC 251, openEHR and other organisations. Thomas Beale, Sam Heard. Jan 2003 ( [http://www.openehr.org/downloads/archetypes/archetype_language.doc Word] 155KB)
    252252
    253253 * A new paper on archetypes - Archetypes: Constraint-based Domain Models for Future-proof Information Systems. Thomas Beale, 2002, prepared for OOPSLA 2002 - Haim Kilov's workshop on Behavioural Semantics ( PDF 171kb, 17pp)
     
    256256 * A paper for standardisation: A Shared Archetype Language: A Position Paper for HL7, CEN TC 251, openEHR and other organisations. Thomas Beale, Sam Heard. Jan 2003 ( Word 155KB)
    257257
     258[[FootNote]]
     259